交錯(こうさく)のインガ キルト》

交錯のインガ キルト P 光文明 (4)
クリーチャー:オラクル 2000
S・トリガー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、タップしてもよい。

DMD-10で登場したオラクル

cipバトルゾーンにあるクリーチャー1体をタップできるS・トリガー獣である。

既存の同系カードと異なり、自分のクリーチャータップすることができる。
基本的には何のメリットもないが、シールドブレイクせずに《策士のイザナイ ゾロスター》の条件を満たせるため、S・トリガーシノビの妨害に合わずに確実にコンボを決めることができる。また、自身をタップすることもできるため、バトルゾーンに出して即座に《策士のイザナイ ゾロスター》破壊対象にすることもできる。

もちろん単純に相手のクリーチャータップしても変わらず優秀。防御からタップキルまで幅広く活躍する。

  • オラクル命名ルールから、元ネタはスコットランドの伝統衣装「キルト(kilt)」だろうか。「インガ」は「因果」のことだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMD-10
    オラクリオンの降臨が祝福と幸福をもたらす。だから、あせることはない。ゆっくり待とうではないか。――交錯のインガ キルト

収録セット

参考