光器(こうき)ペトーキナ》

光器ペトーキナ C 光文明 (5)
クリーチャー:メカ・デル・ソル 2500
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻してもよい。

DMRP-03で登場したメカ・デル・ソル
S・トリガーcip呪文サルベージする能力を持つ。

《天雷霊騎サルヴァティ》の上位種だが、コストが1軽いほうが手打ちしやすいことや手打ちするなら対抗馬に《魔光王機デ・バウラ伯》が存在することを考えると《ペトーキナ》を優先するメリットが薄い。コストが重要になるデッキだとマナゾーンからも呪文を回収できる《未来の玉 ダンテ》が存在するためメカ・デル・ソル種族を活かせるデッキでの活躍が主になるだろう。環境でガチンコ・ジャッジが目立ち敵のターン中でも呪文を回収できる可能性が欲しいようならば一考の余地はあるかもしれない。

  • 元となったクリーチャーは恐らく《光器ペトローバ》。老婆に対して翁というわけか。
    • ただしメカ・デル・ソルは女性クリーチャーしかいない種族であり、このクリーチャーの見た目も女性である。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-03
    天空城の奥に存在するダイヤモンドの扉の更に奥、光の女王による秘密の計画が進められていた。その計画の名は、プランDG

収録セット

参考