光神龍(こうしんりゅう)スペル・デル・フィン》

光神龍スペル・デル・フィン VR 光文明 (9)
クリーチャー:アポロニア・ドラゴン 6000+
相手は、手札をすべてのプレイヤーに見せてプレイする。
このクリーチャーのパワーは、相手の手札にある呪文1枚につき+2000される。
相手は、呪文を唱えることができない。
W・ブレイカー

DM-22で登場したアポロニア・ドラゴン

相手の手札の常時ピーピングする能力と、それで確認出来る相手の手札にある呪文枚数に応じたパンプアップ能力を持つ。
また、相手が呪文唱えることを禁止するロック能力を持つ。

すべての呪文を禁止するロック能力の初代。同時に相手の手札の常時ピーピングする極めて珍しい種類の能力の持ち主。

呪文ロック能力は非常に強力であり、呪文による除去が行えないため自身の場持ちがよい上に、超次元呪文によるサイキック・クリーチャーの展開や、補助呪文によるドローマナブーストサーチ一切を封じることができる。相手の状況によってはゲームエンド級の制圧力を持ち、そもそもデッキエンジンを呪文に任せているデッキ呪文攻撃手段になっているデッキには天敵となりえる存在。
また、S・トリガー呪文革命0トリガー呪文も封じてしまうためフィニッシャーとしても強力。シールドブレイクでの反撃のリスクを大きく減らすことが出来、一斉攻撃の直前に出すだけでも大きな仕事をしてくれる。

カードプールが少ない過去環境では除去はほぼ呪文便りであったため、単体でも非常に高いフィニッシュ力を誇っていた。現在でも呪文ロック能力が上手く刺さってしまうと致命打になることが多く、またプレミアム殿堂となった《聖鎧亜キング・アルカディアス》を先駆けに、《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》《龍世界 ドラゴ大王》などロックを重ね掛けすることで完全に対処できなくすることも出来るため、脅威度はやはり高い。

またピーピング能力に関しても、直接干渉こそしないがなかなかに手堅い能力。相手の次の手やシノビの有無を割れるため、不確定要素の少ない安定した戦略をとることができる。致命的な情報を知りえてしまったり、キーポイントなどでは情報アドバンテージがそのまま勝負の要になることもある。

このように強力な能力を持つクリーチャーであるが、その分コスト9と非常に重く、簡単には召喚できない。マナブーストコスト踏み倒しなどの手段がなければ、そもそも出すことすることすらままならないだろう。逆に言えば、出す手段があれば投入を検討する価値のあるカードである。
また種族ドラゴンであるのでサポートも非常に多い。バルガ系や《爆熱DX バトライ武神》をはじめとしたドラゴン関連のコスト踏み倒し《メンデルスゾーン》などのドラゴン関連のマナブーストが多く存在するため、種族シナジーで運用性を補うことも出来る。

欠点としてクリーチャー主体のデッキには効果が薄く、【速攻】などゲーム展開の速いデッキに対して出すことすらままならない。また、パンプアップこそあれどコストに対してパワーが6000と非常に低い。派生カードとして同文明コストに、ピーピング能力及びパンプアップを代償に素のパワーが9000になった《偽りの王 ナンバーナイン》があるため、うまく使い分けると良いだろう。

登場当時から、強力なフィニッシャーとして活躍し続けているカードである。《偽りの王 ナンバーナイン》《古代楽園モアイランド》共々、呪文を主体にしたデッキでは必ず考慮に入れるべき1枚と言えるだろう。

  • 名前はプロレスラーの「スペル・デルフィン」からか。「ゲームジャパン」では、「スペル・出る・FIN」と呼ばれていた。
  • DMBD-05では新イラストで収録。イラストレーターは同じだが、初収録から12年も経ったために別のイラストレーターが手掛けたように見られた。時代の重みを感じさせられる1枚である。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMBD-05
    ドラゴンが支配できるのは目に見えるモノだけではない。魔力のような、目に見えない力すらも、ドラゴンは自分の支配下とする。

収録セット

参考