光神龍(こうしんりゅう)スペル・デル・フィン》

光神龍スペル・デル・フィン VR 光文明 (9)
クリーチャー:アポロニア・ドラゴン 6000+
W・ブレイカー
相手は、手札を表向きにしてプレイする。
相手の手札にある呪文1枚につき,このクリーチャーのパワーを+2000する。
相手は、呪文を唱えることができない。

DM-22で登場したアポロニア・ドラゴン

相手の手札の常時ピーピングする能力と、それで確認出来る相手の手札にある呪文枚数に応じたパンプアップ能力を持つ。
また、相手が呪文唱えることを禁止するロック能力を持つ。

すべての呪文を禁止するロック能力の初代。同時に相手の手札の常時ピーピングする極めて珍しい種類の能力の持ち主。

呪文ロック能力は非常に強力であり、呪文による除去が行えないため自身の場持ちがよい上に、超次元呪文によるサイキック・クリーチャーの展開や、補助呪文によるドローマナブーストサーチ一切を封じることができる。相手の状況によってはゲームエンド級の制圧力を持ち、そもそもデッキエンジンを呪文に任せているデッキ呪文攻撃手段になっているデッキには天敵となりえる存在。
また、S・トリガー呪文革命0トリガー呪文も封じてしまうためフィニッシャーとしても強力。シールドブレイクでの反撃のリスクを大きく減らすことが出来、一斉攻撃の直前に出すだけでも大きな仕事をしてくれる。

カードプールが少ない過去環境では除去はほぼ呪文便りであったため、単体でも非常に高いフィニッシュ力を誇っていた。現在でも呪文ロック能力が上手く刺さってしまうと致命打になることが多く、またプレミアム殿堂となった《聖鎧亜キング・アルカディアス》を先駆けに、《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》《龍世界 ドラゴ大王》などロックを重ね掛けすることで完全に対処できなくすることも出来るため、脅威度はやはり高い。

またピーピング能力に関しても、直接干渉こそしないがなかなかに手堅い能力。相手の次の手やシノビの有無を割れるため、不確定要素の少ない安定した戦略をとることができる。致命的な情報を知りえてしまったり、キーポイントなどでは情報アドバンテージがそのまま勝負の要になることもある。

このように強力な能力を持つクリーチャーであるが、その分コスト9と非常に重く、簡単には召喚できない。マナブーストコスト踏み倒しなどの手段がなければ、そもそも出すことすることすらままならないだろう。逆に言えば、出す手段があれば投入を検討する価値のあるカードである。
また種族ドラゴンであるのでサポートも非常に多い。バルガ系や《爆熱DX バトライ武神》をはじめとしたドラゴン関連のコスト踏み倒し《メンデルスゾーン》などのドラゴン関連のマナブーストが多く存在するため、種族シナジーで運用性を補うことも出来る。

欠点としてクリーチャー主体のデッキには効果が薄く、【速攻】などゲーム展開の速いデッキに対して出すことすらままならない。また、パンプアップこそあれどコストに対してパワーが6000と非常に低い。派生カードとして同文明コストに、ピーピング能力及びパンプアップを代償に素のパワーが9000になった《偽りの王 ナンバーナイン》があるため、うまく使い分けると良いだろう。

登場当時から、強力なフィニッシャーとして活躍し続けているカードである。
《偽りの王 ナンバーナイン》《古代楽園モアイランド》共々、呪文を主体にしたデッキでは必ず考慮に入れるべき1枚と言えるだろう。

ルール

環境において

不死鳥編で登場。単体で高いフィニッシュ力を持つクリーチャーであり、当時は大型フィニッシャーは稀有な存在だったため重宝された。《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》プレミアム殿堂から間もなくの登場であり、その立ち位置に入れ替わる形でプレイヤーに浸透していった。

当初はプレイヤーたちが騒然としたと伝わる。当時は除去はほぼ呪文便りであったため、《光神龍スペル・デル・フィン》の居座り能力は非常に高くフィニッシャーとして高く評価されていたという。
《インフェルノ・ゲート》がまだ現役であり、《光神龍スペル・デル・フィン》が墓地に落ちてさえいれば早期かつ何度でもコスト踏み倒しで場に出すことが可能だった。【除去ガーディアン】などはこの手法でフィニッシャーを確保していたという。
また《大勇者「ふたつ牙」》からマナブーストして《光神龍スペル・デル・フィン》を出す【牙デルフィン】も誕生。
《インフェルノ・ゲート》で出せるフィニッシャーとして、マナブースト後の大型フィニッシャーとして、コントロールからビートダウンまで広く活躍出来た。

極神編では《龍仙ロマネスク》が猛威を振るい、【ターボロマネスク】フィニッシャーとして採用された。また《龍仙ロマネスク》を導入した入りの【連ドラ】も組まれ、そちらにも投入された。
この頃から、強力なグッドスタッフを組むことが可能になり、登場したばかりの《フェアリー・ミラクル》を使った【5色デッキ】が生まれ、フィニッシャーとしてつかわれた。
さらに《聖鎧亜キング・アルカディアス》が登場。組み合わせれば突破が非常に難しいロックとなり、一種の即死ギミックとしておそれられた。
反面で《魔刻の斬将オルゼキア》《龍神ヘヴィ》が登場したことにより、クリーチャー効果によって破壊する手段が増え、単体の分には対策はしやすくなった。

戦国編では、主に上記《聖鎧亜キング・アルカディアス》との組み合わせを使った【ギャラクシーコントロール】や、【5色フェアリー・ミラクル】で活躍した。
反面で、《威牙の幻ハンゾウ》が登場したことで、単体の対処はさらにしやすくなった。さらに戦国編環境後半からビートダウンが強化され、対ビートダウン性能の低さ故に評価を下げた。もっとも、《聖鎧亜キング・アルカディアス》との組み合わせは脅威視され続けた。

神化編では《聖鎧亜キング・アルカディアス》プレミアム殿堂
《エンペラー・キリコ》が登場。そちらのコスト踏み倒し先として【エンペラー・キリコ】の初期型から投入された。そして《ボルシャック・クロス・NEX》の登場を機に【星域キリコドラゴン】に派生すると、ワンショットの詰め要員と強力なドラゴンシナジーにより、大いに活躍した。

覚醒編に突入すると超次元呪文が登場し、それらのメタカードして注目が集まる。
【超次元ダーツ】が考案されると、それのフィニッシャーとして活躍。《光神龍スペル・デル・フィン》以外をすべて呪文デッキを構成し、超次元呪文から出したサイキック・クリーチャー《転生プログラム》を打つことで、確実に《光神龍スペル・デル・フィン》をコスト踏み倒しすることが可能だった。
《時空の不滅ギャラクシー》が登場すると【不滅オロチ】が誕生。《斬隠オロチ》コスト踏み倒し先、そして4枚使えた《再誕の社》マナブースト先のフィニッシャーとして暴れた。
サイキック・クリーチャーも増え超次元呪文を使ったグッドスタッフが組まれるようになると、超次元呪文を大量に投入した環境デッキ達へのメタカードとして重宝された。

エピソード1では、新カードにより《エンペラー・キリコ》が復活を果たす。新型の【星域キリコドラゴン】にも続投され、S・トリガー封じの詰め要員として大いに活躍した。
また《ドンドン吸い込むナウ》が登場すると《ミラクルとミステリーの扉》が頭角を現し始め、初期の【ミラクルとミステリーの扉】コスト踏み倒し先として投入された。

エピソード2になるとゼニスが登場し、ビッグマナもといファッティ環境に最盛期が訪れる。
ところが、ファッティフィニッシャー枠としてゼニスがあまりにも強力であったため、立ち位置が競合してしまった《光神龍スペル・デル・フィン》は一気に採用率を落とすことになる。《「祝」の頂 ウェディング》《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》《光神龍スペル・デル・フィン》除去することが可能であり、天敵となる存在だった。
ファッティプッシュにより数多高コストドラゴンやそのサポートが登場するも、やはり立ち位置が競合してしまう。中でも《偽りの王 ヴィルヘルム》は確定除去を持った天敵であり、《勝利宣言 鬼丸「覇」》と合わせて【ミラクルとミステリーの扉】の枠をも奪われてしまった。

また、派生カードである《偽りの王 ナンバーナイン》が登場。そちらはピーピングパンプアップがない代わりに素のパワーが高く、この頃から増えていた《無双竜鬼ミツルギブースト》などの火力持ちクリーチャーへの耐性で、採用率に不利をとった。
この頃は覚醒編以降の超次元中心の環境の遷移となる時期でもあり、クリーチャー主体の環境が推し進められていたのも大きい。

ドラゴン・サーガになるとビートダウン環境はさらに顕著になり、《熱血星龍 ガイギンガ》などパワー6000〜8000以下を対象とする火力持ちクリーチャーも台頭。呪文ロックの需要は《偽りの王 ナンバーナイン》に奪われがちであった。

革命編革命ファイナルに突入すると侵略革命チェンジの登場により、環境の高速化が一気に進んだ。
反面で革命編後期あたりから革命0トリガーD2フィールドの登場によりビートダウンを受け止める手段も一気に増加。コントロールデッキの開発も進んだ。

《S級不死 デッドゾーン》《凶殺皇 デス・ハンズ》《撃髄医 スパイナー》などのクリーチャーはパワー9000の《偽りの王 ナンバーナイン》を破壊することも可能に。火力耐性の優位が揺らいだことで、ピーピングが可能な《光神龍スペル・デル・フィン》も活躍の場が広がった。
また、【青黒ハンデス超次元】などでは、相手が手札呪文が2枚以上あれば《光神龍スペル・デル・フィン》のパワーが10000を超えるため、《S級不死 デッドゾーン》1枚では破壊されなくなる。パンプアップ能力の関係で呪文が多いデッキへの刺さり方は《光神龍スペル・デル・フィン》のほうが強烈であることが多く、《光神龍スペル・デル・フィン》も需要を伸ばした。もっとも、一方でグッドスタッフ相手では火力耐性のなさが露呈することが多いため選択ではある。

そして基礎パワーの低さのおかげで後に出てきた《ドンジャングルS7》cipコスト踏み倒し対象に。 超天篇になって【チェンジザドンジャングル】【黒緑ドンジャングル】で大いに活躍している。

登場から覚醒編まではファッティフィニッシャーとして、覚醒編以降は呪文へのメタカードとして、非常に長い活躍を続けている実力者である。
単体で高いフィニッシュ力を持つ重量級クリーチャーの先駆者の一人でもあり、環境における大型フィニッシャー歴史を語るにおいても欠かせない存在といえるだろう。

他のカードとの関係

その他

  • 名前はプロレスラーの「スペル・デルフィン」からか。「ゲームジャパン」では、「スペル・出る・FIN」と呼ばれていた。
  • DMBD-05では新イラストで収録。イラストレーターは同じだが、初収録から12年も経ったために別のイラストレーターが手掛けたように見られた。時代の重みを感じさせられる1枚である。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMBD-05
    ドラゴンが支配できるのは目に見えるモノだけではない。魔力のような、目に見えない力すらも、ドラゴンは自分の支配下とする。

収録セット

参考