光神龍(こうしんりゅう)セブンス》

光神龍セブンス UC 光文明 (6)
クリーチャー:アポロニア・ドラゴン 5500
バトルゾーンにある自分のドラゴンはすべて「ブロッカー」を得る。

DM-22で登場したアポロニア・ドラゴン

自分のドラゴンすべてにブロッカーを与える、シンプルながら強力な能力を持つ。当然、自身もブロッカーとなる。

ドラゴンのほとんどはパワーが高いこともあり、相手から見れば非常に厄介。とはいえシステムクリーチャーである以上、《光神龍セブンス》をピンポイントで除去されるだけで陣はあっけなく崩壊する。

真価を発揮するのは、【連ドラ】など極めて重いドラゴンデッキ【速攻】と対峙した時。ドラゴンデッキのメインカラーとなりやすい自然にはブロッカーが存在しないため、デッキにいくら火力を積んでいようとスピードアタッカーで攻め立て続けられると、どうあがいてもやられてしまう。
しかしその分【速攻】除去能力が低いため、除去手段を持たないデッキ・持っていない状況で《セブンス》を立てることに成功すればそれだけで詰ませることが可能になる。
また、ビートダウン相手でも《光神龍スペル・デル・フィン》など呪文ロック等で守ってやると手堅い壁になる。

このようにどうあがいても【速攻】に勝てないドラゴンデッキが《セブンス》だけでかなり明確な勝ち筋が生まれるため、入り【連ドラ】には積極的に採用され、過去の大会にも実績を残している。

ただし、数多ブロッカー付与の例に違わずブロッカー破壊の的を増やしかねない点は要注意。《熱血龍 GENJI・XXX》など食らってしまおうものなら目も当てられない。

また、【速攻】相手でも、過去の環境下でも《火炎流星弾》《ボルカニック・アロー》であっさり突破されることも多い。勝ち筋としては魅力的なカードではあるが、壁としての性能には不安が残る点には気を付けたい。

脆さが目立つが、相手や状況下ではそのまま相手を積ませる可能性を秘めたカードである。効果の関係上使うデッキの吟味は勿論、環境や仮想敵を見据えて的確に行使してやりたい所。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考