光姫聖霊(こうきせいれい)ガブリエラ》

光姫聖霊ガブリエラ SR 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/メカ・デル・ソル 7000
G・ゼロ−自分のシールドが1枚もなく、バトルゾーンに自分の《光姫聖霊ガブリエラ》が1体もなければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー
相手のクリーチャーの攻撃によって、相手がゲームに勝つ時、かわりにこのクリーチャーを破壊してもよい。そうした場合、相手はゲームに勝たず、このターン中クリーチャーは攻撃できず、自分の次のターンの終わりに自分はゲームに負ける。

DM-30で登場したエンジェル・コマンド/メカ・デル・ソル
一瞬だけゲーム敗北を免れるクラッチ型の能力を持つ。

相手のダイレクトアタックに際してこのカードを破壊することで攻撃は無効となり、1ターンだけ時間を稼ぐことができる。
また、シールドが0枚だとコスト0で召喚できるG・ゼロを持つ。
ただし、相手がシールド0枚で攻撃を終わらせる可能性は低く、普通のデッキにはまず入らない。

使うなら、能動的に自らのシールドを0枚にしてしまうコンボデッキであろう。特に【ブライゼシュート】【スター・イン・ザ・ラブ】ではスーサイドの隙を埋めるのに良く使用される。

また、《デビル・ドレーン》と組み合わせると最速3ターン目に出すことができる。【ヒラメキドレーン】ではよく使われ、コスト8のクリーチャーが必要な際、《ヒラメキ・プログラム》の踏み台になってくれる。

登場直後はこれといった使用法がなく評価が低かったが、【マッドロマノフワンショット】での活躍をきっかけに評価が見直されていった。
シールドを犠牲にする特殊なコンボデッキではよく見かける1枚である。

  • 「相手のクリーチャーの攻撃によって、相手がゲームに勝つ時」なので、ダイレクトアタック以外にも《究極銀河ユニバース》メテオバーンによるエクストラウィンも阻止できる。ただし、ユニバースの攻撃によってダイレクトアタックとメテオバーンによる勝利の両方が成立する場合、両方とも防ぐには2体目のガブリエラか、防御用のブロッカーが別途必要になってくる。
  • 名前の元ネタは大天使ガブリエルの女性形であるガブリエラだろう。天使であるエンジェル・コマンドと実在する女性名から名前が付けられるメカ・デル・ソルが合わさった面白いネーミングであると言える。

収録セット

参考