剛撃古龍(ごうげきこりゅう)テラネスク》

剛撃古龍テラネスク SR 自然文明 (6)
クリーチャー:ジュラシック・コマンド・ドラゴン/ジャイアント 5000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から好きな数のクリーチャーを選んで手札に加え、残りをタップしてマナゾーンに置く。

DMR-23で登場するジュラシック・コマンド・ドラゴン/ジャイアント
cip手札補充マナブーストを行う能力を持つ。

カード名から《龍仙ロマネスク》が連想されるが、自然単色になりブロッカーも失い、置ける枚数も3枚と、使い勝手は大きく変化している。

クリーチャーのみだが最大3枚の手札補充が可能であり、それだけでも非常に便利。残りのカードはすべてマナゾーンに置くので無駄がなく、あえてマナブーストに特化して10マナ圏のカードに繋ぐこともできる。

種族も優秀であり、特に【5色ジャックポット・エントリー】【連ドラ】【ドルゲーザ】では中盤のつなぎとして働いてくれるだろう。特に【連ドラ】では貴重な複数枚の手札補充の手段となり得る。

反面、打点自体は持っていないため、大型へつなぐことを前提として構築に投入を検討したい。

  • スペース・チャージなどを使用したコンボデッキと組み合わせても面白い。ある程度狙ったカードを手札とマナゾーンに揃えつつも、パワー5000のコマンド・ドラゴンがバトルゾーンに残るのは強力。安定性も増すだろう。
  • 短期的なアドバンテージは本家にも勝るとも劣らないものを持っているが、それでもこのカード自体環境を荒らしたとは言い切れない状況にあった。2018年1月29日付で《龍仙ロマネスク》殿堂解除されたのはそのことも鑑みられていると言えよう。
  • DMBD-05版には、DMBD-05の舞台である「龍幻郷」が背景ストーリーと一切関係の無い時系列、世界線にあることが示されている。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考