黒豆(くろまめ)だんしゃく/白米男(はくまいだん)しゃく》

黒豆だんしゃく VR 自然文明 (8)
クリーチャー:グランセクト/スペシャルズ 12000
T・ブレイカー
相手の、「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を持つクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのクリーチャーを持ち主のマナゾーンに置く。
白米男しゃく VR 自然文明 (3)
呪文
自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。その後、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

DMRP-05で登場したグランセクト/スペシャルズおよび自然呪文ツインパクト
クリーチャー面は「このクリーチャーバトルゾーンに出た時」で始まる能力を持つ相手のクリーチャーバトルゾーンに出た時、そのクリーチャーマナ送りにする能力を持ち、呪文面はマナブーストマナ回収が同時に行える。

クリーチャー面は8コストと重いがひとたび着地すれば結構なロック性能を発揮する。cipアドバンテージを取るクリーチャーの導入がデッキビルディングの鉄則となっている以上、相手によってはデッキに搭載した大半のクリーチャーの着地を阻止することができる。
特にcipで自己付与しか行わない相手にはもっぱら強く、《超特Q ダンガンオー》《勝利のガイアール・カイザー》等は何ら役割を果たせなくなってしまう。ビッグマナのミラーマッチでは立てておくと《水上第九院 シャコガイル》の着地を阻害できる。
ただ、cipが発動することには変わりないので、《究極生命体 Z》などを出されるとそれらのマナ送りと引き換えに破壊されるだろうから油断は禁物。

呪文面は《ブラッサム・シャワー》《一極両得 マクノカ&ヌクノカ》《ガーデニング・ドライブ》の上位互換であり、3ターンキルが当たり前の双極編に合わせたような密度の高い呪文となっている。

強いて言えばcipを持たずアタックトリガーで膨大なアドバンテージを取るスピードアタッカー、例えば《勝利宣言 鬼丸「覇」》には全く無力である。下記のように召喚時限定cipには反応しない扱いであるため各種ゼニスにも耐性が薄く、特に《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》などは場に出て相手バウンスで盤面を処理した後に常在型能力によるロックで制圧するため、この点では過信は禁物。

マナ回収は任意だがマナブースト強制ライブラリアウトには注意。

  • 《轟破天九十九語》を主軸としたデッキとは相性良好で、序盤の潤滑油になるこのカードをそのまま呼び出し先にも転用できる。このようにデッキの枠を節約でき、《轟破天九十九語》デッキの汎用性を上げることができる。
  • 環境では【5色フェアリー・ミラクル】のリペアパーツに使用され、「デュエル・マスターズグランプリ-6th」優勝を果たした3人1組の内の1人が使用した5色フェアリー・ミラクルに2枚投入されていた。
  • 何故か名前が「だんしゃく」と「男しゃく」で表記揺れしている。これは応募作品にそう表記されていたためと思われる。
    • なお、下記のアニメではどちらも「男爵」表記のクレジットであった。
  • このカードはツインパクトであるが、イラストコンテストに原画が出品された時点ではツインパクト登場前であった。『デュエル・マスターズ 双極篇フルコンプリートBOOK』でその事実が明かされている。
  • アニメ「デュエルマスターズ!」では1話から数回登場している。黒豆だんしゃくが自然文明の世界にやってきた切札 ジョーを豆料理で歓迎したが、白米男しゃくを調理されたことで激怒しデュエマを挑む。作中で初めて使われたツインパクトカードであり、白米男しゃくはマナと手札調整に使われ、黒豆だんしゃくは切札 ジョーが出したcip持ちの《バイナラドア》《ゲラッチョ男爵》をマナ送りにする活躍を見せた。
    • フレーバーテキストでは黒豆だんしゃくと白米男しゃくはライバル同士とあるが、アニメでは兄弟の設定になっていた。

プレイヤーとしての戦績

通算戦績:1戦0勝1敗

デュエル・マスターズ!

1戦0勝1敗

話数対戦相手勝敗デッキ名
1話切札 ジョー敗北マメな衝撃

フレーバーテキスト

  • DMRP-05
    黒豆と白米はライバル同士。だがどんな勝負も引きわけでおわる。

収録セット

参考


公式Q&A

Q.相手が、「このクリーチャーをバトルゾーンに出した時」で始まる能力を持つクリーチャーを出した時どうなりますか?
A.「このクリーチャーをバトルゾーンに出した時」は以前の表現方法で、テンプレート改正により「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」として統合されています。同じものとしてマナゾーンに置いてください。


Last-modified: 2018-11-27 (火) 18:06:24