魂喰(たましいぐ)いの魔狼月下城(まろうげっかじょう)

魂喰いの魔狼月下城 R 闇文明 (3)
ドラグハート・フォートレス
バトルゾーンにある自分の闇のクリーチャーはすべて「スレイヤー」を得る。
龍解:自分のターンのはじめに、バトルゾーンに自分の闇のクリーチャーが2体以上あれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。
龍解後⇒《魔狼の悪魔龍 ミナゴロッセオ》

DMR-14で登場したドラグハート・フォートレス
自分のクリーチャースレイヤーを与える常在型能力と、自分のターンのはじめに自分のクリーチャーが2体存在していることを条件とした龍解を持つ。

対象の文明やお互いに効果が及ぶかどうかなど細かな違いはあるが、除去されづらいスレイヤー付与ということで《イモータル・ブレード》を彷彿とさせるカード。
最低でも5コストパワー5000のクリーチャーがおまけで付いてくることから、《凶砦秘宝リメンバー》の実質上位互換とも言える。

龍解すれば更にクリーチャーの頭数を増やすことが可能ではあるが、逆を言えばフォートレス特有の除去耐性を失ってしまうということでもある。そのため長期的な耐性で見れば《イモータル・ブレード》に軍配が上がるが、万が一《トンギヌスの槍》等で除去された場合のリカバリーのし易さではクリーチャーの付録として出てくるこちらの方が優勢と言えるだろう。
また、ファンキー・ナイトメアデッキならば《隠密の悪魔龍 フドウガマオウ》《滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル》から《龍覇 ニンジャリバン》を出すことで並べることができる。事前に《ポーク・ビーフ》等のブロッカーを並べておけば強力な壁として機能するだろう。

サイクル

DMR-14ドラグハート・フォートレスサイクル

関連カード

収録セット

参考