魂穿(タマシイウガ)煌世(コウセイ)正裁(セイサイ)Z(ゼット)

魂穿ツ煌世ノ正裁Z VR 光文明 (7)
呪文:裁きの紋章Z
サバキZ(裁きの紋章が自分のシールドゾーンから手札に加えられた時、そのカードを捨ててもよい。そうしたら、この呪文をコストを支払わずに唱える)
相手のコスト8以下の、進化ではないクリーチャーを1体選び、持ち主のシールド1つの上に表向きにして置く。(そのシールドの束は1つと数える)
この呪文を自分の手札から唱えた後、墓地に置くかわりに自分のシールド1つの上に表向きにして置く。

DMRP-07で登場した裁きの紋章Z呪文

相手のコスト8以下の非進化クリーチャー1体を相手のシールド1つの上に表向きに置く、特殊なシールド送りを行う。

破壊力だけなら《断罪スル雷面ノ裁キ》の方が上とは言え、サバキZにより《断罪スル雷面ノ裁キ》よりも早く唱える事が出来る。
範囲も《卍 デ・スザーク 卍》《“轟轟轟”ブランド》《蒼き団長 ドギラゴン剣》まで及び、これらのクリーチャーを早期に止められるのは十分すぎる利点である。
シールド送りは回収が難しく、サバキZの性質もあって何度も唱えられるのは実に凶悪。強力なシールド回収役であった《黒神龍ブライゼナーガ》殿堂入りも追い風である。

コスト7と《正義の煌き オーリリア》による呪文ロックに引っかからないため、ロックに慢心してごり押しする相手にサバキZで反撃することができたら効果的。

一方で《轟く侵略 レッドゾーン》などの進化クリーチャーは止められず、《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》などのコスト9以上も対処できない欠点もある。そういう場合では腐りがちになるが、せめてサポートクリーチャーでも狙っておこう。

単に《サッヴァークDG》唱えるのも強力であり、相手の起点となるクリーチャーがあれば4ターン目には《サッヴァークDG》コスト踏み倒しによって《煌龍 サッヴァーク》が着地し、さらに《煌龍 サッヴァーク》シールド送り能力で最大4枚もの表向きシールドが確保できる。

  • 相手のシールドが1つも無いとシールド送りができず腐ってしまう。ここはプレイングで何とかなる範疇なので計画的に戦おう。

関連カード

収録セット

参考