再生妖精(さいせいようせい)スズラン》

再生妖精スズラン R 自然文明 (2)
クリーチャー:スノーフェアリー 1000
このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。
自分のターンの終わりに、このクリーチャーを自分のマナゾーンに置く。

DMRP-04裁で登場した自然スノーフェアリー

自身をマナゾーンから召喚する能力を持ち、ターンの終わりには自身がマナゾーンに置かれる。

2コストマナブーストの一種だが、自身をマナゾーンに置くという点とマナゾーンから召喚出来る能力から特異な動きが出来るクリーチャーである。

何よりの特徴はやはりマナゾーンから自身を召喚出来る事。ターンの終わりにマナゾーンに戻ってしまうため《雪布妖精ユウコ》のように打点として活用することは出来ないが、進化元スーサイドの種に活用したり、「クリーチャーをバトルゾーンに出した時」類の能力を起動させたりすることが出来る。

進化元の種としては非常に有用性が高く、2コストマナブーストでありながらマナゾーンで待機出来る進化元になれるのは強力。進化元のない進化クリーチャーは死に札そのものである事に対し、除去を受けないマナゾーンで待機しつつ2コストはらえばマナ進化のように運用出来ようになると考えれば、このクリーチャーがいかに合理的なカードであるかがわかる。

その他、《ハッスル・キャッスル》等の効果を起動したり、《母なる星域》の種に活用したり、《武家類武士目 ステージュラ》G・ゼロ条件を一時的に埋め合わせたりなど非常にユーティリティ。
かわったところではスペース・チャージ自然を発動させたり、《ヨギー・ベジタリバー》《シンクロ・マニューバ》などの代替コストに活用したりすることも。スピードアタッカーを付与することが出来れば打点として運用することも可能。

種族スノーフェアリーも魅力的。種族指定進化クリーチャーが多い上、能力のタイムラグのおかげで《妖精の裏技ラララ・ライフ》の起動要員にもなれる。この動きはかの《桜風妖精ステップル》に負けず劣らず強力。

場に出せるだけであっても、軽量かつマナゾーンで待機できるだけで出来ることが多い。出し入れできることから、なんらかの種として消費しなければ継続的に恩恵が受けられるのも魅力的。
これらの恩恵が2コストマナブーストから得られると考えれば、このクリーチャーの有用性が良く分かるだろう。

総じて、特異的な動きをするカードではあるものの、デッキの動きの基盤たりえる非常にユーティリティなクリーチャーである。
ただし、2コストマナブーストという点では、即座にマナが増えない、山札からソースを掘り出すことが出来ない、自然に偏ったマナになりやすいなど非常にクセが強い。運用には十分気を付ける事。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-04裁
    スズランの花言葉は「再びやって来る幸せ」。あたしにピッタリだよね。 −再生妖精スズラン
  • カードゲーマーvol.45(P14/Y18)
    第2ボタンが欲しいの?ごめん、袴だからあげられないの。でも、きっとまた会えるから。 −再生妖精スズラン

収録セット

参考