最凶(さいきょう)覚醒者(かくせいしゃ)デビル・ディアボロス Z(ゼータ)

最凶の覚醒者デビル・ディアボロス Z SR 光/水/闇/火/自然文明 (20)
サイキック・クリーチャー:ワールド・コマンド 23000
E・ソウル
このクリーチャーが攻撃する時、相手の光のクリーチャー、水のクリーチャー、闇のクリーチャー、火のクリーチャー、自然のクリーチャーを1体ずつ破壊する。
解除
Q・ブレイカー
覚醒前⇒《時空の支配者ディアボロス Z》

DM-39で登場したE・ソウル持ちのサイキックワールド・コマンド
《時空の支配者ディアボロス Z》覚醒した姿。
アタックトリガーで各文明クリーチャーをそれぞれ1体ずつ破壊するという、単純にして非常に強力な能力を持つ。

単色デッキに対してはただの《チェイン・スラッシュ》でしかないものの、それでも《超神星プルート・デスブリンガー》ゼンアク《ニコル・ボーラス》を見ても分かるように十分すぎる威力を持ち、2文明以上を採用しているデッキに対しては更に凶悪な性能を見せる。

23000という《緑神龍ディルガベジーダ》に並ぶ超高パワーQ・ブレイカーを持ち、前述のアタックトリガーバトルゾーンを薙ぎ払った上でほぼ確実にシールド4枚を吹き飛ばす、まさに「最凶」の名にふさわしい破壊力を持ったクリーチャーである。

1度攻撃を許せばバトルゾーンの壊滅は必至であり、一気に盤面を捲られてしまう。攻守のイニシアチブを取られるのはもちろん、Q・ブレイカーと追加打点でそのままフィニッシュというのもよくある話。
それでいて解除持ち、かつ再覚醒も容易であり、非常に粘り強い。それでありながら、攻撃され続ける限りは盤面の維持は不可能であり、一発解体が出来なければ単体でゲームエンドまで持って行かれてしまう。
覚醒前の質の高さ、加えて超次元呪文を投入するだけで簡単に運用できる割には、破格の突破力を継戦力をもっていると言えよう。

弱点らしい弱点は特に見当たらないが、強いて言うならば無色クリーチャー除去出来ない事、超次元呪文が7マナの重いものに限られていること、メジャーな呪文メタコスト踏み倒しメタサイキック・クリーチャーメタに引っ掛かるということか。
しかし、よくセットで使われる《超次元ガード・ホール》が非常に強力であり、先に幅広い範囲で除去を行えるため、進化クリーチャー《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》によるロックでもなれば先に潰してしまえる。一度《時空の支配者ディアボロス Z》を立ててしまえば上記の除去能力によりシステムクリーチャーに睨みを効かせられるため、サイキック・クリーチャーの中ではメタに対してかなり強い方である。
腐っても、アンタッチャブルブロッカー及び解除持ちQ・ブレイカーであるため、場に残ってさえいればゴリ押しが効く。改めてこのカードの基礎スペックの高さが伺える。

とはいえ、このカードを出すためには、最低限7コストの重量呪文を使う必要があり、環境の速度やメタカードの流行具合によっては敷居が高くなりがちである。近年爆発的に数を増やしている無色クリーチャーも、運用性に欠陥が出るわけではないとは言え考慮すべきであろう。
また、覚醒条件で自分の場やマナをガンガン消費するため、いくら高い運用性があれどある程度のカバーが必要である。非常に強力なフィニッシャーには違いないが、やはり環境や投入するデッキは選ぶ必要がある。

総じて、高い汎用性とフィニッシュ力を兼ね備えた、非常に強力なサイキック・クリーチャーである。
能力の派手さやヒーロー性も申し分なく、初代主人公のラストボスに相応しい貫禄を持っているといえよう。

背景ストーリーにおいて

光文明の力を利用し、闇文明の手によって誕生した《時空の支配者ディアボロス Z》が5文明の力を吸い上げて覚醒した覚醒した姿。

《神風の覚醒者ストーム・カイザーXX》《剣豪の覚醒者クリムゾン GENJI・XX》が合体し、《超時空ストーム G・XX》が超覚醒の力を手にして覚醒した《超覚醒ラスト・ストーム XX》と三日三晩続いた激闘の末、Z?と共に敗北。連合軍と《超覚醒ラスト・ストーム XX》の勝利でストーリーが終わる。

その他

  • 除去効果は1文明ごとに1体ずつ破壊するのでなく、5文明分のクリーチャーをそれぞれ選んでからそれらを同時に破壊する。例えば相手の場にG・リンクしたゼンアクのみがいた場合、自然のどれか1つの枠で、ゼンアクに対して1回のみ破壊効果を適用する。(結果としてゼンアクのリンクは解消されどちらか1体が場に残ることになる。)たとえ対象が複数の文明を持つ場合でも、破壊効果は選択したクリーチャー1体に対して1度しか発生しない。
  • 「デビル」も「ディアボロス」も意味は「悪魔」で重複してしまっている。

サイクル

DM-39で登場した、覚醒編クリーチャーが新たに覚醒を得た設定のサイクル解除を持つのは《最凶の覚醒者デビル・ディアボロス Z》のみ。

関連カード

背景ストーリーのラスボス

収録セット

参考