最凶(さいきょう)覚醒者(かくせいしゃ)デビル・ディアボロス Z(ゼータ)

最凶の覚醒者デビル・ディアボロス Z SR 光/水/闇/火/自然文明 (20)
サイキック・クリーチャー:ワールド・コマンド 23000
E・ソウル
このクリーチャーが攻撃する時、相手の光のクリーチャー、水のクリーチャー、闇のクリーチャー、火のクリーチャー、自然のクリーチャーを1体ずつ破壊する。
解除
Q・ブレイカー
覚醒前⇒《時空の支配者ディアボロス Z》

DM-39で登場したE・ソウル持ちのサイキックワールド・コマンド
《時空の支配者ディアボロス Z》覚醒した姿。
アタックトリガーで各文明クリーチャーをそれぞれ1体ずつ破壊するという、単純にして非常に強力な能力を持つ。

単色デッキに対してはただの《チェイン・スラッシュ》でしかないものの、それでも《超神星プルート・デスブリンガー》《世紀末ゼンアク》《ニコル・ボーラス》を見ても分かるように十分すぎる威力を持ち、2文明以上を採用しているデッキに対しては更に凶悪な性能を見せる。

23000という《緑神龍ディルガベジーダ》に並ぶ超高パワーQ・ブレイカーを持ち、前述のアタックトリガーバトルゾーンを薙ぎ払った上でほぼ確実にシールド4枚を吹き飛ばす、まさに「最凶」の名にふさわしい破壊力を持ったクリーチャーである。

覚醒前のクリーチャー限定のアンタッチャブルは失われたものの、こちらは解除を持っており、やはり除去に対する耐性がある。
覚醒も非常に容易で、次の自分のターンに再び覚醒して暴れることもできる。
また、Ζのカテゴリに分類されるので《黒神龍スカル・グラヴィッツ》などで守ることもできる。

弱点らしい弱点は特に見当たらないが、強いて言うならば覚醒前を出せる超次元呪文《超次元ガード・ホール》のような7マナのものに限られていること、《暴走龍 5000GT》のようなメジャーなサイキック・クリーチャーメタに引っ掛かるということか。

非常に強力なフィニッシャーであるが、やはり環境を見て使うべきである。

  • 除去効果は1文明ごとに1体ずつ破壊するのでなく、5文明分のクリーチャーをそれぞれ選んでからそれらを同時に破壊する。例えば相手の場にG・リンクしたゼンアクのみがいた場合、自然のどれか1つの枠で、ゼンアクに対して1回のみ破壊効果を適用する。(結果としてゼンアクのリンクは解消されどちらか1体が場に残ることになる。)たとえ対象が複数の文明を持つ場合でも、破壊効果は選択したクリーチャー1体に対して1度しか発生しない。
  • 「デビル」も「ディアボロス」も意味は「悪魔」で重複してしまっている。

サイクル

DM-39で登場した、覚醒編クリーチャーが新たに覚醒を得た設定のサイクル解除を持つのは《最凶の覚醒者デビル・ディアボロス Z》のみ。

関連カード

背景ストーリーのラスボス

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-08 (火) 22:58:57