最強虫(さいきょうちゅう) ナゾまる》

最強虫 ナゾまる MAS 自然文明 (2)
クリーチャー:グランセクト 1000
このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。
ミノまじかる:自分のターンのはじめに、このクリーチャーをタップして自分のマナゾーンに置いてもよい。そうしたら、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ、進化ではないクリーチャーを1体、自分のマナゾーンから選び、バトルゾーンに出す。

DMEX-02で登場したグランセクト

マナ召喚ミノまじかるによるコスト踏み倒し能力を持つ。

簡単に言えば、ターンの初めに自分限定の《母なる大地》を打てるカードである。
マナ召喚能力でマナゾーンから出し直すことで、毎ターン使用可能なのも強力。
また、2ターン目であっても場に出さず、切り札がマナゾーンに置かれるまで、このクリーチャーをマナゾーンに温存できるのも嬉しい。

ハンデスや除去などの起点作りをせずに慌てて複数体投げると《“乱振”舞神 G・W・D》あたりで根こそぎにされてしまうので注意が必要。何にでもなれるのがこのカードの強みなので、非力なこのカードをプレイングで守ってやろう。

ただし、マナゾーンにはタップして置かれるので、代償としてそのターン使えるマナが1枚減ったも同然となる。

やはり登場時の環境ではコスト踏み倒しメタが厄介なので、着地できなくてもcipアドバンテージを取れるクリーチャーが適任であろう。例えば【5色フェアリー・ミラクル】だと《龍仙ロマネスク》が踏み倒し先としては適任。あちらはバトルゾーンを離れればロマネキャンセルになるし、残れば革命チェンジ元になる。

実際の双極篇環境では【青黒緑シャコガイル】【ゴクガサイクル】の隠し味としてピン挿しされることが多い。十分にマナが貯まっていれば《奇石 ミクセル》に規制されないため、そういう意味でも終盤でこそ役立つカードとなっている。《禁断機関 VV-8》《ハイパー・ギガタック/ギガタック・ハイパー・トラップ》の組み合わせでエクストラターンを得れば安全に能力を使うことができ、2018年全国大会エリア代表戦(2ブロック構築)でもこの組み合わせがよく使われた。

  • アニメ「デュエル・マスターズ!」ではミノマルの切り札として登場。
+  ...

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-06 (木) 17:42:20