指令(しれい)精霊龍(せいれいりゅう) コマンデュオ》

指令の精霊龍 コマンデュオ R 光文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 6000
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引く。その後、自分の光のコスト5以下の進化ではないクリーチャーを1体、手札からバトルゾーンに出してもよい。

DMR-17で登場したエンジェル・コマンド・ドラゴン
キャントリップの後、5コスト以下の非進化クリーチャー1体を手札からコスト踏み倒しできるcip能力を持つ。

1ドローの後に手札からのコスト踏み倒しを行うため、ハンドアドバンテージを失うこと無くクリーチャーを増やせることになる。

踏み倒し対象の範囲はそれほど広くないが、《光流の精霊ガガ・カリーナ》から《時空の霊魔シュヴァル》《真紅の精霊龍 レッドローズ》から《奮戦の精霊龍 デコデッコ・デコリアーヌ・ピッカピカ契ぁ等を出すことで、一気にエンジェル・コマンド(・ドラゴン)を展開することが可能。
そのため、エンジェル・コマンド(・ドラゴン)を並べる必要がある【シデン・ギャラクシー】のようなデッキでは活躍が期待できるだろう。

他にも《星龍パーフェクト・アース》《音感の精霊龍 エメラルーダ》を出してS・トリガーを使ったり、《龍覇 レグルスフィア》から《龍魂城閣 レッドゥル》を出してこのクリーチャースピードアタッカーにしたりと、様々なコンボに組み込める可能性を秘めたカードと言える。

後にこのクリーチャーのコストを2下げられる《信頼の玉 ララァ》が登場したことによって、このカードの利便性が上昇。
《ララァ》から綺麗に繋がり4ターン目に出すことができるようになった。早期に出せるようになったことによって、手札も多めに温存できるようになったのでこのクリーチャーで踏み倒すカードの選択肢が増えた点も大きい。

似た能力を持つクリーチャー《導子の精霊龍 ホーマ》がいる。あちらは光のコスト5以下の「呪文」を唱える。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考