時空(じくう)雷龍(らいりゅう)チャクラ》

時空の雷龍チャクラ SR 光文明 (7)
サイキック・クリーチャー:アポロニア・ドラゴン 5500
H・ソウル
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
ホーリー・フィールド
HF―覚醒―自分のターンのはじめに、このクリーチャーをコストの大きいほうに裏返す。
覚醒後⇒《雷電の覚醒者グレート・チャクラ》

DM-36で登場したH・ソウル持ちのアポロニア・ドラゴンサイキック・クリーチャー

エキスパンションの7コストサイキック・クリーチャーサイクル担当。
覚醒すると《雷電の覚醒者グレート・チャクラ》になる。

これ自体は非常に淡白なスペック準バニラで、同サイクルの他のサイキック・クリーチャーに比べると地味ではあるが、代わりに非常に緩い覚醒条件を持つ。「相手より多い」では無く「相手以上」なので、シールドの枚数が相手と同数でも問題なく覚醒が可能。

1ターン放置するだけでT・ブレイカー除去耐性を持つ凶悪なフィニッシャーに変貌するため、非常に厄介な存在と言える。

呼び出せる超次元呪文が1枚も入っていないデッキ超次元ゾーンに置いておくブラフとしての使い方も可能。

相手に「覚醒条件を満たさないよう、シールドを守る&ブレイクしなければ」というプレッシャーを与えることでプレイングの選択肢を奪い、《ジェスター・ブレイン》などでシールドを減らしづらくする戦術もある。

《ドンドン吸い込むナウ》《父なる大地》の浸透で手軽に除去される機会は増え、革命編環境に入ってからは高速化によって影が薄くなってしまった。

しかし革命ファイナル環境では【NEXミラダンテ】のテンプレパーツとして再ブレイク。【NEXミラダンテ】の流行は新章デュエル・マスターズ環境になると過ぎたが、双極篇環境ではやや地味ながらも【エビートミラダンテ】で最低限の実績を残した。

  • 《真聖教会 エンドレス・ヘブン》龍解条件は「自分のシールドの数が相手より多ければ」でありこちらは「自分のシールドの数が相手以上であれば」なので上記の通り同じ枚数でも覚醒できる。テキストの違いに注意。
  • 目がなく、口も大きく、体から光を発する球状のものがあるなど、どことなくデザインがエイリアンに似ている。

関連カード

サイクル

DM-36スーパーレアサイキック・クリーチャーサイクル。
それぞれ覚醒条件が異なり、覚醒後は全てのクリーチャーが解除を持つ。

収録セット

参考