時卍龍(じばんりゅう) ミラダゲンム》

時卍龍 ミラダゲンム SR 水文明 (6)
オレガ・オーラ:ドラゴン・コード/トリックス/デリートロン +4000
これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
これを付けたクリーチャーはブロックされない。
自分の他のオーラをクリーチャーに付けた時、このオーラを、これが付いているクリーチャーからそのクリーチャーに付けてもよい。
これを付けたクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、このオーラを自分の他のGRクリーチャーに付けてもよい。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

DMBD-12で登場したドラゴン・コード/トリックス/デリートロンオレガ・オーラ

《*/陸幻スルニャン/*》と同様にアンブロッカブルパワード・ブレイカーを付与するが、他のオーラがクリーチャーに付けられた時にこのオーラ自身がそのクリーチャーに移動することができる。
一応、《極幻夢 ギャ・ザール》でタダ出しできるサイズではあるが、タダ出しされたオーラによってGR召喚したGRクリーチャーにそのまま付けるのはあまり得策ではない。
しかし、攻撃を控えているGRクリーチャーに付けるのであれば、そのままこのオーラごと付けるのも悪くはないだろう。

もっとも、このオーラをフルに引き出すのであれば、《Code:1059》が持つDL-Sysを起点すると、この時点でトリガーされるので無駄がなくなる。
もちろんこの効果は重複されるので、さらに重ね掛けすれば、ブレイク数も上がる。

また、このオーラを付けたクリーチャーがバトルゾーンを離れた時にも、このオーラを他のGRクリーチャーへと移動することができ、GRクリーチャーが複数体アタックできる状態であれば、そのまま押し切ることも可能。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.「自分の他のオーラをクリーチャーに付けた時」の能力を使用して《時卍龍 ミラダゲンム》をクリーチャーに付けた際、《時卍龍 ミラダゲンム》はバトルゾーンに出たことになりますか?
A.いいえ、バトルゾーンに出たことにはなりません。
引用元

Q.「このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時」の能力を使用して《時卍龍 ミラダゲンム》をクリーチャーに付けた際、《時卍龍 ミラダゲンム》はバトルゾーンに出たことになりますか?
A.はい、バトルゾーンに出たことになります。
引用元