次元龍覇(じげんりゅうは) グレンモルト「(ヘッド)」》

次元龍覇 グレンモルト「覇」 P(SR) 火文明 (7)
クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン/ヒューマノイド爆/ドラグナー 7000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
マナ武装 7:このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンに火のカードが7枚以上あれば、次のうちいずれかひとつを選ぶ。
►コスト6以下のウエポンではないカードを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
►このクリーチャーにウエポンが1枚も装備されていなければ、コスト6以下のウエポンを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それをこのクリーチャーに装備して出す)

DMD-20で登場したガイアール・コマンド・ドラゴン/ヒューマノイド爆/ドラグナー

スピードアタッカーを持ち、マナ武装7でコスト6以下のカード超次元ゾーンから呼び出すアタックトリガーを得る。

マナ武装能力モードで表記されているが、大雑把に言うと「攻撃宣言時にコスト6以下のカード超次元ゾーンから呼び出せる。ただしウエポンはこのクリーチャー装備、すでに装備している場合は出せない」といった内容。ウエポンを出す際に注意する事項があるだけで、ほぼ一つの能力と言える。

呼び出せるカードに文明の縛りは一切ないため自分好みの構築ができるが、超次元ゾーンにはカードは8枚しか置けないので、このカードを使う時は超次元ゾーンへ置くカードをうまく選びたい。
またアタックトリガーで呼び出すことになるため、クリーチャーアタックトリガーを与えるカード(特にウエポン)を出した場合は、出すきっかけとなったその攻撃では与えられたアタックトリガーが誘発しないことを念頭に置いて運用する必要がある。

マナ武装がなければ、ただのスピードアタッカーしかない準バニラである。いかにマナ武装を使えるようにするかが、このカードを活躍させるカギである。


相性のいいカード

超次元ゾーンに属するカードコスト6以下であれば、ほぼ何でも出すことができる。現時点ではドラグハート・ウエポン(制限付き)、ドラグハート・フォートレスドラグハート・クリーチャーサイキック・クリーチャーを呼び出す事ができる。(コスト0扱いであるサイキック・セルドラグハート・セルも出すことは可能だが、セル単体ではバトルゾーンに維持できないためすぐ超次元ゾーンに戻ってしまう。当然だがサイキック・スーパー・クリーチャーの直接呼び出しもできない)

ウエポンの呼び出しは、このクリーチャーのみの装備で複数つけることはできないという条件つきだが、出た段階では何も装備されてない状態なので最低1回の発動はできる。

この能力で呼び出せるカードの代表は以下の通り。

ドラグハート・フォートレス

《爆熱天守 バトライ閣》ドラゴンの展開ができる。ただし攻撃時にこれを呼び出しても能力は発動しないが、このクリーチャーの攻撃時に《蒼き団長 ドギラゴン剣》ファイナル革命《リュウセイ・ジ・アース》を出し、《リュウセイ・ジ・アース》の攻撃時に山札の一番上がスピードアタッカーを持つドラゴンなら1ショットキルが可能。
《真聖教会 エンドレス・ヘブン》自分のクリーチャーが破壊されるとシールド追加、相手のシールドより自分のシールドの方が多ければ除去耐性持ちの《真・天命王 ネバーエンド》
《恐龍界樹 ジュダイオウ》パワー4000以下の相手クリーチャーの攻撃をロック
《闘将銀河城 ハートバーン》後続のスピードアタッカー化。次のターンのこのカードのアンタップに反応してT・ブレイカーを持つ《超戦覇龍 ガイNEXT》龍解
《勝舞城 ボルシャック》このカードでのみ呼び出せる大型カード。
《龍波動空母 エビデゴラス》置きドローとして。
《侵攻する神秘 ニガ=アブシューム》ドラゴン破壊されるとかわりにマナ送りになる他、他のカードのマナ武装の補助、サブフィニッシャーにも。

ドラグハート・クリーチャー

サイキック・クリーチャー

ドラグハート・ウエポン

《覇闘将龍剣 ガイオウバーン》バトルに2回勝利で龍解ビートダウン対策に。
《無敵王剣 ギガハート》ドラゴン2回攻撃の条件を達成すれば強力な《最強熱血 オウギンガ》へ。
《銀河大剣 ガイハート》2回攻撃の条件を達成すれば強力な《熱血星龍 ガイギンガ》へ。
《将龍剣 ガイアール》《ガイオウバーン》である必要性が薄い時に。次のターンの攻撃で龍解
《不滅槍 パーフェクト》破壊以外への除去の耐性を持たせる。頭数が揃えば《天命王 エバーラスト》に。
《百獣槍 ジャベレオン》破壊の耐性を持たせる。事実上の手札補充要員にもなりえる。シールドが少なければ龍解も可能。
《悪夢卍 ミガワリ》1回のみ破壊の耐性を持たせる。シールドを減らしたくない場合は検討されるか。
《無敵剣 プロト・ギガハート》殴り返しを除くあらゆる相手の除去に1回だけ耐性を持たせる。
《始原塊 ジュダイナ》マナからドラゴン召喚を可能にする。モルト「覇」を含めたドラゴン3体で《古代王 ザウルピオ》に。
《邪帝斧 ボアロアックス》出した時と攻撃時にコスト5以下の自然クリーチャーコスト踏み倒しできる。コストの条件を満たせば龍解も可能。
《爆熱剣 バトライ刃》装備していれば殴り返しを受けなくなる。呼び出したばかりでは使えないが、攻撃時にドラゴンヒューマノイドコスト踏み倒しも期待できる。
《二丁龍銃 マルチプライ》モルト覇自体の攻撃ブロックされなくなる
《革命槍 ジャンヌ・ミゼル》アタックトリガーこそ使えないが、《地獄門デス・ゲート》スパーク《パニッシュ・ホールド》等を避けながらアンタップ状態の《ダルク・アン・シエル》を用意可能。

ウエポン以外は複数呼び出せるので、何度も攻撃すれば、このクリーチャー1体で覚醒リンクのパーツを揃えることもできる。

出せるカードには特殊タイプの指定は一切ないので、今後サイキックドラグハートではなく超次元ゾーンに置かれるカードが登場しても、このクリーチャーは真っ先に対応する。また新たなカードタイプが登場しても、超次元ゾーンに属する特殊タイプを伴う場合ならばやはり真っ先に対応することになる。


  • 《蒼き団長 ドギラゴン剣》などの革命チェンジ獣の革命チェンジを運用する際、革命チェンジ宣言→このカードのモードの解決→革命チェンジの実行、という手順を守るのが適切である。肝心なのは革命チェンジの実行よりも先にモードを解決することである。
    • モードよりも先に革命チェンジを解決すると、モード解決時点でこのカードがバトルゾーンを離れていることになるので、モードの解決は不発に終わる(事務局正式回答 2017/07/28)。
  • アニメでは切札 勝太切札 勝舞切札となるドラグハートを呼び出す為に使用している。また、このクリーチャーがウエポン装備してない状態だと手刀やパンチのラッシュによる攻撃を見せた。
    • 登場シーンではがに股で仁王立ちという雄々しいポーズになった。強化前で散々「内股」と言われた事を本人もしくは番組スタッフが気にしていたのだろうか。
      その際にガイギンガから降りてしまっており、「そこまでして内股じゃないのをアピールしたいのか」と今度は別の意味でモヤモヤしてしまう視聴者もいるとか。
    • 後にDMX-26で収録された際には威風堂々たる仁王立ち姿を強調した構図で描かれている。

関連カード

収録セット

参考