邪神(じゃしん)M(マッド)・ロマノフ》

邪神M・ロマノフ P 火文明 (5)
進化クリーチャー:ゴッド/ダークロード/ナイト 3000+
Mデッキ進化−自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中からクリーチャーを1体選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。表向きにした残りのカードを自分の墓地に置く。表向きにしたカードの中にクリーチャーが1枚もない場合、このクリーチャーを手札に戻し、表向きにしたカードをすべて墓地に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、火か闇のコスト6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分のマナゾーンから唱える。
G・リンク《邪神R・ロマノフ》または《邪神C・ロマノフ》の左横。
※プレミアム殿堂

DMC-58で登場した進化ゴッド/ダークロード/ナイト

マッド・ロック・チェスターを構成するロマノフ一族の左側。Mデッキ進化によって出るゴッドで、メテオバーンコスト6以下の呪文を1枚自分のマナゾーンからコスト踏み倒しする能力を持つ。

基本的なムーブとしては、コスト5パワー3000のクリーチャー召喚酔いなしで攻撃してきながら、アタックトリガー型のメテオバーンマナゾーンにある呪文を唱えてくるというもの。
DMC-58では様々なデザイナーズコンボが用意されており、状況に合わせて唱える呪文を使い分ける、トリッキーな戦い方が楽しめる。

ここまでは一見普通だが、そのポテンシャルとカスタマイズ性能は底なしであり凶悪。
マナゾーンから呪文を唱えることによる汎用性の高さと選択しの広さ、コスト6以下の呪文コスト5で唱えるというテンポアドバンテージコストパフォーマンスの高さ、そして唱えた呪文にシナジーやコンボを見出すことで、コスト5にはあるまじき致死性と爆発力を兼ね備えた、非常な強力な進化クリーチャーでなのある。
長い歴史を誇るデュエル・マスターズの中でも、《聖鎧亜キング・アルカディアス》《エンペラー・キリコ》と並ぶ史上最凶の進化クリーチャーといっても過言ではない。

このカードの固有能力のMデッキ進化は、山札の上から3枚表向きにしてその中から進化元を選ぶというもの。デッキ進化よりも遥かに不発しにくく、進化の成否にかかわらず進化元にならなかったカード墓地に行くため、墓地肥やしの効果も期待できる。
場の進化元を必要とせずに出せる進化クリーチャーであり、実質スピードアタッカーのようなもので切り込み性能は抜群。即座に呪文コスト踏み倒しすることで、あらゆる劣勢から攻勢に転じることが出来る。

肝心なコスト踏み倒し候補だが、コスト6以下という非常に広範囲の呪文を確保しており、選択しにはまず困らないだろう。
《デーモン・ハンド》超次元呪文といった汎用性の高いものをつかうだけでも破格な強さを発揮し、同じDMC-58にはデザイナーズカードである《爆進デス&リバース》が収録されている。《クリムゾン・チャージャー》などのチャージャーマナの消費を防ぐことが出来、《邪神M・ロマノフ》を連射したいときはこれでお茶を濁すことが出来る。

中でも《邪神M・ロマノフ》と強力なシナジーを形成し、共に環境であばれた存在として、《憎悪と怒りの獄門》《魔弾 ベター・トゥモロー》《大地と永遠の神門》には言及しておくべきだろう。

《憎悪と怒りの獄門》は同じDMC-58にも採録されているなど開発からもコンボを示唆されており、自分のシールドの枚数と同じになるように相手のシールドを削りながら1打点通すことが出来る。自分のシールドが0枚なら当然相手も0枚になり、《邪神M・ロマノフ》の打点が通ればそのまま勝利である。崖っぷちの状況から万全の相手を頓死させねない非常に強力なコンボであり、《邪神M・ロマノフ》のもたらす致死性を象徴する組み合わせであった。
【マッドロマノフワンショット】では、《デビル・ドレーン》を用いて能動的に自分のシールドを0枚にすることで、この状況を任意的に作り出すことが可能だった。

次に《魔弾 ベター・トゥモロー》であるが、《邪神M・ロマノフ》がナイトであるためその能力で唱えれば確実にナイト・マジックが発動し、自分のクリーチャーすべてが「パワーアタッカー+6000」と2枚の追加ブレイクを得る。その爆発力はすさまじく、まず攻撃中《邪神M・ロマノフ》本人がT・ブレイカーに化け、盤面のウィニー達もフィニッシャーに早変わり。相手のシールドが初期の5枚であっても、自分の盤面にクリーチャーが2体いるだけで相手を致死圏にとらえることが出来る。
デッキ構築でこちらを主力に置いたものは【Mロマノフビート】とよばれ、《邪神M・ロマノフ》の爆発力の象徴として最後まで共に使われ続けた。

《大地と永遠の神門》は相方である《邪神C・ロマノフ》コスト踏み倒しすることが可能で、そちらのメテオバーンでも《大地と永遠の神門》を唱えることで、次々と《邪神ロマノフ》を投げつけるムーブは、【連神】としてあらたなデッキを確立しした。なかなか面白いギミックであるため、メタを問わずいろんな人に使われたデッキだが、実力もちゃんと兼ね備えており環境にも名を残している。
また、ゴッドタップ状態の裁定が変更されるまでは、洒落にならない破壊力を秘めたデッキであった。

ほか《破壊と誕生の神殿》《焦土と開拓の天変》など、相性の良い呪文を挙げるときりがない。

以上のように、圧倒的汎用性とフィニッシャー性能を5コストで即座に相手に押し付けることが出来る、純然たるパワーカードであり、登場から最後まで一切メタを退くことはなく環境のトップを走り続けた。
そしてその汎用性カードパワーが祟り、2012年3月15日付でプレミアム殿堂に指定されることとなった。

今後、このクリーチャーの活躍は殿堂ゼロデュエルのような特殊な場合に限られるだろう。


環境において

神化編環境後半の2010年1月30日、DMC-58で登場。発売前から《憎悪と怒りの獄門》《魔弾 ベター・トゥモロー》とのコンボが注目されており、【マッドロマノフワンショット】【Mロマノフビート】を生み出して早速トップメタの一角を占領する。初期から完成形といえるくらい強力なアーキタイプであり、カスタマイズ性も高いため、最後まで適宜改良されつつ使われ続けた。

【マッドロマノフワンショット】は、《デビル・ドレーン》で自分のシールドを能動的に0枚にしつつ手札補充し、《光姫聖霊ガブリエラ》《光牙忍ハヤブサマル》などで相手の攻撃を1ターン凌ぎ、返しに《憎悪と怒りの獄門》を唱えて1ショットキルを行うというもの。自分のシールドを0枚するというスリルのある工程をはさまないといけないが、《光牙忍ハヤブサマル》が4投出来た当時は耐えるのはそう難しい話ではなく、《邪神M・ロマノフ》の汎用性を生かせば事前に盤面整理することも容易であり、結果安定した1ショットキルが可能であった。
【Mロマノフビート】【マッドロマノフワンショット】とほぼ一緒のパーツで構築されているが、ウィニーである《ダンディ・ナスオ》《青銅の鎧》《解体人形ジェニー》《魔弾 ベター・トゥモロー》を付与して攻撃する戦法に特化している。《デビル・ドレーン》《光姫聖霊ガブリエラ》を抜いた分、《解体人形ジェニー》等を増やして盤面にウィニーを保ちやすくしている。《光牙忍ハヤブサマル》殿堂入り以降はこちらが発展し、分岐して栄えていくことになる。
ちなみに、どちらにも基本的に《憎悪と怒りの獄門》《魔弾 ベター・トゥモロー》は採用された。いずれも高い致死性を誇り、ピーキーになりがちな戦略にたいしてあらゆるデッキを相手に有利に立ち回ることが可能だった、

また、この頃はリンク時の裁定が現在と異なり、タップ状態のクリーチャーアンタップ状態のクリーチャーリンクした場合、G・リンク後のクリーチャータップ状態とアンタップ状態を任意で選ぶことが出来た。結果、《大地と永遠の神門》《邪神C・ロマノフ》を出してリンクさせることで強化状態で再度起き上がり、怒涛の連続攻撃を仕掛けることが可能だったのである。
裁定の変更がなされるまでのごくわずかな期間であったが、この頃の【連神】はすさまじい攻撃性能を保持していた。

覚醒編に入ると相性のいい超次元呪文を味方につけ、当時のトップメタである【ドロマー超次元】らと真っ向から張り合った。
DM-37ではサイキック・クリーチャーでのウィニー展開が可能になり、《魔弾 ベター・トゥモロー》でのビートダウン戦略にさらなる磨きがかかる。中でも《時空の英雄アンタッチャブル》《時空の探検家ジョン》らとは3人で屈強なシナジーを生み出し、《邪神M・ロマノフ》で5コスト超次元呪文唱えて彼らを踏み倒せば、《時空の探検家ジョン》が条件満たして覚醒し、それで《時空の英雄アンタッチャブル》覚醒するという、4、5ターン目にはあるまじき盤面をいともたやすく作りだすことが出来た。《冒険の覚醒者ジョンジョ・ジョン》は2回攻撃可能、《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》アンタッチャブルアンブロッカブルと高い攻撃性能を有し、それらに《魔弾 ベター・トゥモロー》をかければ簡単に相手を攻め落とすことができた。
これらは一種のギミックの面が強いが、特化したデッキ【マッドジョンタッチャブル】として別に呼ばれることが多かったか。

2011年1月15日より殿堂入りを果たし、デッキに1枚しか投入できなくなり《邪神M・ロマノフ》を連射することはできなくなった。
しかし、その後も《邪神M・ロマノフ》を主軸にしたデッキは構想され続けた。かの《無双竜機ボルバルザーク》のように、1枚になれば若干コントロールに寄せることで、ワンショットを的確な場面で通せるようにすることで戦闘力を保持することが可能であり、あいもわからずトップメタに居座り続けたのである。
《邪神M・ロマノフ》の依存性が高い【マッドロマノフワンショット】【マッドジョンタッチャブル】デッキとしては実質崩壊したが、それらの中核のギミック自体は《憎悪と怒りの獄門》超次元呪文があれば仕様可能であり、それらのギミックを折衷してつくられたリペア型の【Mロマノフビート】は、高い汎用性をもつビートダウンとして環境に君臨し続けた。

上記の通り《邪神M・ロマノフ》への依存性が少なくなるようにデッキが組まれたため、人によって千変万化の構築がなされ、環境に合わせて適宜改良する玄人好みなデッキとして知られた。《邪神M・ロマノフ》本人は主に《進化の化身》によってサーチされ、【マッドジョンタッチャブル】《魔弾 ベター・トゥモロー》《憎悪と怒りの獄門》を適時使い分けるのが役目となった。《邪神M・ロマノフ》はいわば勝利工程を縮めるためのカードであり、ベースとなったビートダウンの戦力を大幅に底上げした。
ウィニーが並んだら《邪神M・ロマノフ》からの《魔弾 ベター・トゥモロー》を警戒するのがこの頃の常識であり、いかに《邪神M・ロマノフ》が強力な一発屋であったかがうかがえる。

ベースとなったビートダウンは、以前から続く雛形の【Mロマノフビート】を改良して流用したものや、【超次元ビートダウン】の一部を《邪神M・ロマノフ》に割いて特化したもの、新たな展開戦術の星である《アクア・ジェスタールーペ》を使ったものが主力だった。
《アクア・ジェスタールーペ》をつかったものは、当時超次元メタとして注目を集めていた《封魔ゴーゴンシャック》を難なく利用することが出来、自分だけ《邪神M・ロマノフ》を通して超次元呪文を使用できるという独自の強みを持っていた。《アクア・ジェスタールーペ》の展開力はさながら、【超次元ビートダウン】超次元に対するメタビートが合わさったという、矛盾の塊のような【Mロマノフビート】が生まれ、それは「青入り【Mロマノフビート】」として名をはせた。

エピソード1に入っても活躍は相変わらずであり、その環境適応能力の高さでどんな状態でもメタの一角を占め続けた。
型は依然とほとんど変わらない(人によって大きく変わるともいえるが)が、《超次元シューティング・ホール》から《ガイアール・カイザー》を出すことが可能になった。持ち前のビートダウン性能はさらに磨きがかかり、【超次元ビートダウン】が強化されると共に《邪神M・ロマノフ》も強化。
これまでの経歴から見て、《邪神M・ロマノフ》のカスタマイズ性の高さは異常であった。新たな新要素を取り込んでは弱体化の穴を埋め、この頃には挙句の果てに、マナゾーン呪文唱えるためだけの目的でコントロールにまで積まれることがあったくらいである。

神化編からエピソード1までおよそ2年2カ月の間環境にいた彼だが、遂に《エンペラー・キリコ》とともに2012年3月15日付でプレミアム殿堂に昇格。ゴッド初のプレミアム殿堂である。登場以来、《邪神M・ロマノフ》を使ったデッキメタにいなかった期間はほぼなかったため、単体のスペックで見ればプレミアム殿堂も納得と言える。

殿堂解除が実装されたが、コスト踏み倒し対象のカードプールの増加、さらには革命チェンジにより、《邪神M・ロマノフ》の絡んだインチキムーブはいくらでも考えられる。現状では到底なされることはないだろう。


その他

  • 文明には比較的珍しい墓地肥やしを行えるカードでもあるため、そのような墓地利用を必要とするデッキでも活躍が見込める。唱える呪文がなくても最悪擬似スピードアタッカーとして運用できるのは、他の墓地肥やしにはない利点といえる。
  • 一般発売前に公式に記載されたテキストでは「火か闇のコスト6以下の呪文を1枚」が「このクリーチャーと同じ文明を少なくとも一つ持つ呪文を1枚」と誤植されていた。掲載されていたカード画像では上記のテキストだった。
  • 単体性能がどのゴッドよりも高く、なおかつG・リンクを必要としない強さを持つことから「他のどの神(ゴッド)よりも神らしい」という評価を受ける1枚。

リンク対象

関連カード

収録セット

参考