邪神(じゃしん)M(マッド)・ロマノフ》

邪神M・ロマノフ P 火文明 (5)
進化クリーチャー:ゴッド/ダークロード/ナイト 3000+
Mデッキ進化−自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中からクリーチャーを1体選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。表向きにした残りのカードを自分の墓地に置く。表向きにしたカードの中にクリーチャーが1枚もない場合、このクリーチャーを手札に戻し、表向きにしたカードをすべて墓地に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、火か闇のコスト6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分のマナゾーンから唱える。
G・リンク《邪神R・ロマノフ》または《邪神C・ロマノフ》の左横。
※プレミアム殿堂

DMC-58で登場した進化ゴッド/ダークロード/ナイト

マッド・ロック・チェスターを構成するロマノフ一族の左側。Mデッキ進化によって出るゴッドで、メテオバーンコスト6以下の呪文を1枚自分のマナゾーンからコスト踏み倒しする能力を持つ。

Mデッキ進化はこのクリーチャー専用の進化方法である。山札の上から3枚表向きにしてその中から進化元を選ぶので、通常のデッキ進化よりも遥かに不発しにくい。
さらに、進化の成否にかかわらず進化元にならなかったカード墓地に行くため、墓地肥やしの効果も期待できる。

マナコストは5と早期に出せ、スピードアタッカー感覚でマナゾーン呪文を使用できる。進化の条件も通常のデッキ進化よりかなり緩いため、ビートダウンを含め様々なデッキで活躍の可能性がある。

召喚コストが5であるため、実質1ターン早くコスト6の呪文を使用可能な点も魅力である。パワー3000のスピードアタッカーマナコストがおよそ3であると考えると、そのコストパフォーマンスの高さが分かるだろう。

コスト踏み倒しできる6マナの呪文は多岐に渡る。ナイト・マジックの起動した《魔弾 ベター・トゥモロー》を唱えて味方を全員T・ブレイカーにしたり、超次元呪文から《時空の探検家ジョン》《時空の英雄アンタッチャブル》を出して、ターン終了時に2体とも覚醒させたりできる。定番のシューティングガイアールも可能。

このクリーチャー攻撃するだけでゲームの勝敗が決まりかねないアドバンテージを生み出すため、デッキバランスを多少ゆがめてでも色さえ合えば投入候補に挙がっていた。

恐るべき爆発力と即死性で非常に強力なフィニッシャーとして活躍していたが、その汎用性カードパワーが祟り、プレミアム殿堂に指定されることとなった。

本来G・リンク目的で作られたカードなのだが当時の活躍ではこのカードから超次元呪文に繋ぎシューティングガイアールを放つビートダウン1ショットキルをするために扱われていた。他のクリーチャーとリンクすることを前提に作られたはずが単体で全く別の使い方をされているカードは他に《龍神ヘヴィ》《勝利のガイアール・カイザー》《聖霊左神ジャスティス》などが存在する。

今後、このクリーチャーの活躍は殿堂ゼロデュエルのような特殊な場合に限られるだろう。


環境において

神化編環境後半の2010年1月30日、DMC-58の発売と同時に登場。発売前から《憎悪と怒りの獄門》《魔弾 ベター・トゥモロー》とのコンボが注目されており、【マッドロマノフワンショット】を生み出した。

前者は《デビル・ドレーン》で自分のシールドを空にしつつ手札補充し、G・ゼロ《光姫聖霊ガブリエラ》《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》召喚《光牙忍ハヤブサマル》などで相手の攻撃を凌いで次の自分のターン《憎悪と怒りの獄門》を唱えて1ショットキルを行うデッキだった。

後者は、《ダンディ・ナスオ》マナゾーン《魔弾 ベター・トゥモロー》を準備し、《青銅の鎧》《解体人形ジェニー》を並べた後に《M・ロマノフ》を召喚し、《トゥモロー》を唱えてT・ブレイカーの軍団で殴り切るという戦法をとる。いずれも高い即死性を誇り、神化編の終盤に注目を集めた。

覚醒編に入ると相性のいい超次元呪文を味方につけ、トップメタだった【ドロマー超次元】【超次元GENJIビート】らと張り合った。

2011年1月15日より殿堂入りするも、その後もこのカードを主軸にしたデッキは構想され続けた。主に《進化の化身》によってサーチされ、召喚成功直後にマナゾーン超次元呪文もしくは《憎悪と怒りの獄門》メテオバーンで唱えてフィニッシュに繋ぐ、という【マッドロマノフワンショット】【超次元ビートダウン】の間を取った形が多かったか。

エピソード1に入っても【Mロマノフビート】が根強く使われ続けた。《超次元シューティング・ホール》から《ガイアール・カイザー》を出すことが可能になったため、持ち前のビートダウン性能はさらに磨きがかかった。さすがに《M・ロマノフ》が4枚使えた頃に比べると安定性は落ちるが、デッキビルディングプレイング次第で多くのデッキと互角以上に渡り合えたため、玄人好みなデッキタイプとして知られた。

神化編からエピソード1までおよそ2年2カ月の間環境にいた彼だが、遂に《エンペラー・キリコ》とともに2012年3月15日付でプレミアム殿堂に昇格。ゴッド初のプレミアム殿堂である。

登場以来、このカードを使ったデッキがメタにいなかった期間はほぼなかったため、単体のスペックで見ればプレミアム殿堂も納得と言える。《聖鎧亜キング・アルカディアス》《エンペラー・キリコ》と並ぶ史上最凶の進化クリーチャーといっても過言ではない進化クリーチャーである。


その他

  • 文明には比較的珍しい墓地肥やしを行えるカードでもあるため、そのような墓地利用を必要とするデッキでも活躍が見込める。唱える呪文がなくても最悪擬似スピードアタッカーとして運用できるのは、他の墓地肥やしにはない利点といえる。
  • 一般発売前に公式に記載されたテキストでは「火か闇のコスト6以下の呪文を1枚」が「このクリーチャーと同じ文明を少なくとも一つ持つ呪文を1枚」と誤植されていた。掲載されていたカード画像では上記のテキストだった。
  • 単体性能がどのゴッドよりも高く、なおかつG・リンクを必要としない強さを持つことから「他のどの神(ゴッド)よりも神らしい」という評価を受ける1枚。

リンク対象

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2018-11-13 (火) 23:26:31