集器医(しゅうきい) ランプ》

集器医 ランプ UC 闇文明 (5)
クリーチャー:マフィ・ギャング 1000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体のKP能力を使う)
KP−バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーを–5000する。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

DMRP-04裁で登場したマフィ・ギャング
S・トリガーキズナを持ち、相手のクリーチャー1体のパワーを-5000するキズナ能力を持つ。

単体では《カミカミ・カーニバル》クリーチャー版といった所で、同コスト帯のクリーチャーが残るパワー低下としては侮れない数値を放てる。
バトルゾーンに他のキズナ、ないしキズナプラス持ちのクリーチャーがいなくても、その単体だけでもそれなりの汎用性を持っている。

しかし、新章デュエル・マスターズ環境パワー10000越えの即打点や、処理しきれない圧倒的な物量を4、5ターン目には飛ばしてくる環境である。単体で運用できるのは事実だが、やはりほかのキズナ持ちと組み合わせてコンボを狙っていきたい。

このサイクル全般に言えることだが、本領はキズナ能力による連携だろう。同弾の《アラン・クレマン》が横に立っていれば途端に1コスト軽い《デーモン・ハンド》に早変わりするなど、バトルゾーンのクリーチャー次第で柔軟に立ち回れるのが魅力。

  • 名称は「ランプ肉」が元となったと思われる。

関連カード

サイクル

DMRP-04裁で登場したS・トリガー付きキズナサイクル

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-04 (火) 11:55:38