瞬封(しゅんぷう)使徒(しと)サグラダ・ファミリア》

瞬封の使徒サグラダ・ファミリア UC 光文明 (2)
クリーチャー:イニシエート/ハンター 1500
このクリーチャーがタップされている時、相手は呪文の「S・トリガー」能力を使えない。
※殿堂入り

DMR-07で登場したイニシエート/ハンター

能力《式神シシマイ》呪文バージョンといったところ。タップしている間、相手の呪文S・トリガーを封じ込める能力を持つ。

要は、このクリーチャー攻撃すれば呪文S・トリガーを封殺できるということ。基本的にS・トリガークリーチャーよりも呪文の方がスペックが高いため、文明は違えど《式神シシマイ》並みの活躍を望める。

たった2コストクリーチャー《ドンドン吸い込むナウ》《デーモン・ハンド》《DNA・スパーク》などの厄介なS・トリガー呪文を封じ込めることができるのは言わずもがな強力。

また、【速攻】の天敵である《ヘブンズ・ゲート》《ミステリー・キューブ》を封じることができる貴重なカードの1つ。呪文によるコスト踏み倒しを狙うデッキを相手にする場合、非常に重要な存在となる。

その軽さと高いスペック故に入りの【速攻】ならば難なく採用を検討できる。白単をはじめとしてメタカードフィニッシャーとして活躍してくれる優秀なウィニーである。

環境において

エピソード2からエピソード3においては【白黒オール・イエス】に挿される【ミラクルとミステリーの扉】【獰猛ブラスター】のメタとして活躍し、他に沢山積まれた《デュエマの鬼!キクチ師範代》などのシステムクリーチャーとの相乗効果で相手の動きを見事に妨害した。

ドラゴン・サーガ環境でも上質なウィニーとして【サザン・ルネッサンス】で出番を与えられたが、革命編ではこのクリーチャーのロック範囲外である強力なS・トリガー獣や革命0トリガーが出現し、採用率は低下した。

双極篇では【赤白“轟轟轟”ブランド】でしばしば使用される。長期戦になると《ジャミング・チャフ》でロックが事足りる上に、最速で出さないと呪文を封じ切れない事もある。また、これが刺さる対面がほぼコスト踏み倒し系統であり封じる対象は主に相手のコスト踏み倒し呪文になるので、これを使わず《制御の翼 オリオティス》《奇石 ミクセル》でケアできることも少なくない。とはいえ革命0トリガーの流行も終息しており《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》の採用率が新章デュエル・マスターズまでと比べて落ち着いていることから、大体これ1枚で呪文を封じられるケースも少なくない。

脇を固める打点の問題が《“轟轟轟”ブランド》によって解決され、3ターン目に安全に1ショットキルするという展開が比較的多くなったため、一方的なゲーム運びによるゲーム性の低下を危惧されてか、2019年3月1日に殿堂入り

殿堂入り後、《音奏 プーンギ》の登場により《奇石 ミクセル》とそちらを合わせて十分にカウンター札をケアすることができることが浸透し、DMSD-10期になると不採用がざらになった。

その他

  • カード名の元ネタはバルセロナにある教会「サグラダ・ファミリア」。世界遺産となっているが未だに完成しておらず、完成するのは2026年とされている。
  • 上のように元ネタがあるので仕方ないが非常に言いづらく間違いやすい名前である。「サクラダ」だったり「ザクラダ」などの言い間違えに注意。
  • オラクルの階級の一つである「ファミリア」とは関係がない。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考