処罰(しょばつ)精霊(せいれい)ウラルス》

処罰の精霊ウラルス R 光文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 4500
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体につきシールドを1枚選び、表向きにしてもよい。(選んだシールドは、シールドゾーンにある間、表向きにしておく)

DM-12で登場したエンジェル・コマンド
cip能力バトルゾーンにある自分のクリーチャーの数だけシールド表向きにできる。

相手のS・トリガーを確認する効果は直接的なアドバンテージが取れず使いにくいが
自分のシールドも表向きにできる点は、カードプールの増加によってプラスに転じるようになった。

DMRP-04裁で登場した《煌龍 サッヴァーク》を始めとする各種サッヴァークとは相性がよく、除去耐性を大幅に上げられる。
《煌世主 サッヴァーク†》は、除去耐性を上げるだけでなく、早期のコスト踏み倒しにも大きく貢献できる。
軽量のコマンドのため、封印の解除にも使えるのも便利である。

しかし【サッヴァーク】デッキはサポートの裁きの紋章の種類が豊富にあり、それらと《煌龍 サッヴァーク》でも十分表向きシールドを増やせることから、真剣勝負では採用を見送るケースも多い。
類似した効果を持つ《アクア・マスター》を差し置いて活躍の場が出来たのは事実であるが、ただ単に表向きのシールドを増やすだけでは力不足である事は当時から変わらない評価と言える。

  • DMRP-04裁期のオークションで1枚当たり約1000円で落札されたことも報告されているが、DMRP-06期になると勢いも沈静化し、高くても300円程度となった。

フレーバーテキスト

  • DMC-26
    暴いた真実が希望をつらぬくとも、なお諦めず、光増し祈る。

収録セット

参考


Last-modified: 2018-10-17 (水) 20:52:06