勝利(しょうり)のリュウセイ・カイザー》

勝利のリュウセイ・カイザー ≡V≡ 水/闇/火文明 (6)
サイキック・クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター 6000
相手は、自身のマナゾーンにカードを置く時、タップして置く。
W・ブレイカー
《勝利のガイアール・カイザー》《勝利のプリンプリン》V覚醒リンク後⇒《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》

DMR-04で登場した≡V≡を持つ//サイキックレッド・コマンド・ドラゴン/ハンター
相手のマナゾーンに置かれるカードタップインさせる能力を持つ。

多色コスト6パワー6000、W・ブレイカーを持つサイキック・クリーチャーの時点でかなりのカードパワーなのだが、さらにオマケのようにマナタップインという腐る事が少なく厄介な能力を併せ持つため非常に強力。

《停滞の影タイム・トリッパー》を見ても分かるように、マナタップインは相手が使えるマナを事実上1つ少なくすることができるため、疑似的なランデスのように働く。

ゲームの中盤に出せれば、うまく相手を足止めしてテンポアドバンテージを奪うことができる。パワーもしっかり6000あるので、下手な火力にも引っかからず、《時空の喧嘩屋キル》覚醒にも貢献できる。

コスト6で3つの文明を持つことから多くの超次元系統カードから呼び出すことができ、状況に応じて使い分けることが可能であることから汎用性も非常に高い。

このカード《勝利のプリンプリン》で相手を足止めし、最後に《勝利のガイアール・カイザー》を出して《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》V覚醒リンクしフィニッシュ。もしくはこのカードからの《時空の喧嘩屋キル》2体、次のターンに《巨人の覚醒者セツダン》覚醒して《勝利のガイアール・カイザー》を出して一斉攻撃、というのが理想的な流れとなるだろう。

強いて言うなら、欠点はマナゾーンが潤沢な終盤ではあまり役に立たないことか。序盤から中盤にかけては効果的だが、終盤になるとそれほど刺さることがないので、相手を妨害しているうちに殴りきってしまうか、V覚醒リンクを決めて勝負を決めてしまいたい。

ビクトリーを名乗るに相応しい、強力なサイキック・クリーチャーの1つと言える。

  • カード名の一部を取って醤油と呼ばれることもある。(→俗称一覧

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-04
    王女プリンは無念の亡きの意思、そして世界を命がけで守ろうとしている!我はその思いに賛同し、最後まで戦うのだ!!――勝利のリュウセイ・カイザー
  • DMD-20
    相手を遅らせるならオレの出番だ、スローリー! ---勝利のリュウセイ・カイザー

収録セット

参考


Last-modified: 2018-11-05 (月) 09:28:28