勝利宣言(ビクトリー・ラッシュ) 鬼丸(おにまる)(ヘッド)」》

勝利宣言 鬼丸「覇」 VIC 火文明 (10)
クリーチャー:ヒューマノイド/レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/エイリアン 9000+
スピードアタッカー
パワーアタッカー+5000
T・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、相手とガチンコ・ジャッジする。自分が勝ったら、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
※殿堂入り

DMR-06で登場したビクトリーを持つヒューマノイド/レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/エイリアン

ガチンコ・ジャッジに勝利すればエクストラターンを得る非常に強力なアタックトリガー能力を持つ。自身がスピードアタッカーであるためタイムラグ無しにガチンコ・ジャッジを行うことができ、かなりの確率でエクストラターンが狙える。一度攻撃すれば、追加ターンが何度も決まってそのまま押し切ってしまうことも珍しくないという、恐ろしいスペックの持ち主である。

10コストと非常に重いが、歴代のファッティの例に漏れず、自然マナブースト【連ドラ】【ミステリー・キューブ】などのコスト踏み倒しするデッキに投入するという、確立された常套手段にそのまま組み込むことができる。
【カイザー「刃鬼」】【ベートーベン】【カツキングMAX】【5色フェアリー・ミラクル】【5色蒼龍】のようなグッドスタッフに組み込めばガチンコ・ジャッジの勝率も上がるので、相性は非常によい。

素のパワーは9000とマナコストから見ればやや低いように見えるが、エクストラターン能力によって殴り返しの機会はほぼないと言ってもよい。さらに、パワーアタッカーによって攻撃中のパワーは14000になるため、【ヘブンズ・ゲート】に入るようなブロッカーでもなかなか止まらない。このクリーチャーの登場当時、他のカードのサポートを受けずに一方的に打ち勝てるブロッカーは、《白騎士の精霊アルドラ》しか存在しなかった。

S・トリガーからの《青寂の精霊龍 カーネル》、もしくは《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》Dスイッチで唱えた《超次元ガロウズ・ホール》などから出した《勝利のプリンプリン》cipによるプリン効果で《鬼丸「覇」》をロックされるとエクストラターンを得ても《鬼丸「覇」》は攻撃できない。

他の多くのフィニッシャー同様、そもそも出されないようにハンデスで叩き落としたり、ランデスマナを縛るのが最も現実的だろう。他には《永遠のリュウセイ・カイザー》を立たせてタップインさせるなどが考えられる。

また、10マナと重いため、さすがにどのようなデッキにも入るようなカードではない。何らかのコスト踏み倒しマナブーストの手段はしっかり用意しておきたい。また、良くも悪くもガチンコ・ジャッジには運が絡むため、肝心な場面で外すこともあり得ない話ではない。強力なカードに違いはないが、カードパワーごり押しするのではなく、あくまで勝ち筋の1つとして考えるのが無難だろう。

バトルゾーンに出せればまさに勝利宣言と言っても過言ではない強烈なスペックであり、初登場時からメタゲーム上で暴れ続けてきた。殿堂入りで目にする機会は減るだろうが、このカードに対する警戒は怠らないようにしたい。


環境において

2012年9月22日、エピソード2DMR-06で登場。そのあまりに強烈なスペックから、情報が発表された時点で広く話題となり、このカードを組み込んだデッキが多数考案される。

特に《ミラクルとミステリーの扉》との相性は凄まじいものがあった。このデッキにはコストの高いものを多く投入するため、必然的にガチンコ・ジャッジに勝ちやすく、【ミラクルとミステリーの扉】の強さを大幅に押し上げることとなった。

コスト2のマナブーストから繋げば4ターン目には安定してこの呪文を唱えられるため、中盤の時点で《鬼丸「覇」》が飛んできてゲームセットという展開も珍しくなく、多くのプレイヤーを恐れさせた。そうでなくとも、高いカードパワーを持つフィニッシャーが出せたので、そのまま押し切ることができた。

従来のコントロールはいずれも【速攻】に弱いという弱点を抱えていたのだが、《ミラクルとミステリーの扉》S・トリガーを持つことから、ビートダウン全般に対しては逆に有利となっていた。下手に殴るとエクストラターンを誘発して負けるという風潮が広まり、メタデッキとなるはずの【速攻】の使用率は減退することとなった。「覇でおk」、「覇ァ!!」、「覇?」、「坊主めくり」などと揶揄されるほどに強烈に環境を席巻した。

《ミラクルとミステリーの扉》殿堂入りプレミアム殿堂と規制されていくが、《獰猛なる大地》《ホーガン・ブラスター》《ミステリー・キューブ》など、別の踏み倒し手段を取り入れて長らく環境に残り続けることとなる。

当初使われていた【ミラクルとミステリーの扉】殿堂入りで解体したものの、【獰猛ブラスター】【ミステリー・キューブ】に形を変えて存続していった。

とはいえ、エピソード3環境に入ると、採用率に多少の陰りが見え始めた。
初登場時からトップメタクラスのフィニッシャーとしての地位には確かにいたものの、エピソード2で同時期に出現した【ターボゼニス】はガチンコ・ジャッジの勝率が高く、またエピソード3で登場した【墓地ソース】によるワンショットキルおよび無限ループの流行や、相性の良かったカード殿堂入りによるデッキの弱体化で、必ずしも《鬼丸「覇」》の一強とはならなかったのである。

この時期には、2013年6月22日付けで《ホーガン・ブラスター》殿堂入りし、調整版《ミステリー・キューブ》を使った【ミステリー・キューブ】として、上記のデッキ環境で張り合い続けていた。

エピソード3ではエピソード2ほど理不尽な強さを発揮していたわけではなかったが、ドラゴン・サーガでのドラゴンメイン環境を配慮した結果か、2014年5月24日付けで殿堂入りが決定した。

この結果、《鬼丸「覇」》を目にする機会はさらに減ることとなり、多くのプレイヤーが溜飲を下げることとなった。《無双竜機ボルバルザーク》のように環境を1色に染め上げたわけではなかったものの、エクストラターンが確定すると相手はほとんど成す術が無くなるため、妥当な措置と言えるだろう。

なお、これはビクトリー初の殿堂入りである。

革命編以降では侵略革命チェンジなど名目コストの高いクリーチャーを積み込んだデッキが主流となったため、ガチンコ・ジャッジの信用度は相対的に低下した。一方で《百族の長 プチョヘンザ》の登場以降はバトルゾーンの制圧が比較的容易にできるようになったため、ピン挿しとなったこのクリーチャーをバトルゾーンに出すハードルは下がったと言える。

《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》は、プレイングによるところが大きいもののより勝利に直結する能力を持っており、同じ10コストとということもあってビッグマナではフィニッシャーとしてこのカードと競合する。ガチンコ・ジャッジによる不確定要素を嫌うならそちらを優先すると良いだろう。

双極篇になると《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》は若干勢いが衰え、逆にこちらは【ブライゼシュート】の切り札としてそこそこ見かけるようになった。

超天篇になって【ブライゼシュート】《黒神龍ブライゼナーガ》本体が殿堂入りしたことによって環境から姿を消すと、今度はその後釜として定着した【5色蒼龍】で使われるようになった。

  • 出して殴るだけで手軽にエクストラターンが得られる可能性がある点から、このカードの評価は否よりの賛否両論であり、極端であることが多い。早い話、状況に拘らずこのクリーチャーが攻撃可能、パワーが負けているブロッカーがいない状況、それだけで一気に逆転勝ちできる可能性を持ったカードはこのクリーチャーぐらいだろう。
    • 覇を使用したデッキが目に見えて減ったエピソード3環境でも殿堂入りを望む声が多く存在していた事、環境の変化の面を知らず単に強さだけが目立って語られることが多いなど、良くも悪くも話題になりやすいカードである。

その他

  • アニメ「ビクトリーV3」では1話で使用。《超絶奇跡 鬼羅丸》の効果で踏み倒された。
    ちなみに、前シリーズの「ビクトリーV」で《鬼丸「覇」》は鬼丸「王牙」を通して《鬼羅丸》に変化したことを考えると、同一人物が二人いる不自然な状況になっている。
  • アニメ「VSR」ではデュエマーランド社長殿堂カードデッキで使われていた。マナに置かれた為、映るのはほんの一瞬だったが、なんと社長の所持するこのカードはアニメ放送時間拡大記念のアルトアート版であり、プレイヤー間でちょっとした話題となった。
  • このように、エピソード2が終了した後も代表するカードとして登場する機会が多い。

関連カード

鬼丸

希望の双子二人一組

希望の双子の融合形態

フレーバーテキスト

  • DMR-06
    カシラの遺志はオレが受け継ぐ!――勝利宣言 鬼丸「覇」
  • DMD-20
    今ここに、伝説の男が勝利を宣言する!
  • DMX-22
    オレこそがビクトリーだぜ! ---勝利宣言 鬼丸「覇」
  • プロモ(Viva! Anime30!)
    アニメを見れば、ずっと、デュエ友!

収録セット

参考


*1 一度目のガチンコ・ジャッジでめくられたのは《オフコース・カイザー「龍」》《ヘブンズ・ゲート》、二度目にめくられたのは《地獄門デス・ゲート》《ザ・ストロング・スパイラル》であった。
*2 また、《オフコース・カイザー「龍」》がめくられた際、ドラゴン龍は「ようやく登場!カムヒア!」と言うも、切札 勝太が「俺の勝ちだ!」と山札の下へ戻すと「え?これで出番終わり!?ジエンド?」と拍子抜けしていた。