(しん)龍覇(りゅうは) ヘブンズロージア》

真・龍覇 ヘブンズロージア R 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/ジャスティス・ウイング/ドラグナー 5500
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト3以下のドラグハート1枚、または、光のコスト5以下のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
マナ武装 5:自分のマナゾーンに光のカードが5枚以上あれば、バトルゾーンにある自分の光のクリーチャーはすべて「シールド・セイバー」を得る。
※殿堂入り

DMR-16極に先行収録され、DMR-16真で登場したエンジェル・コマンド・ドラゴン/ジャスティス・ウイング/ドラグナー

《龍覇 セイントローズ》に次ぐコスト5以下のドラグハートを呼び出すことができるドラグナーであり、マナ武装5を条件に自分ののクリーチャーにシールド・セイバーを付与する能力を併せ持つ。

《龍覇 セイントローズ》と比べるとパワーが低いが、エンジェル・コマンド・ドラゴンを得たことによって受けられるサポートはグッと広まった。
《信頼の玉 ララァ》のコスト軽減に対応し、《ドラゴンズ・サイン》で踏み倒せ、自身から呼び出すことができる《不滅槍 パーフェクト》龍解後の《天命王 エバーラスト》の能力によって除去耐性を得られるなどメリットは多い。
またコスト3以下であれば《龍魂城閣 レッドゥル》《爆熱剣 バトライ刃》といった以外のドラグハートも呼び出せる点、マナ武装による味方へのシールド・セイバー付与能力も見逃せない点である。

呼び出すことになる主なドラグハートはやはりDMR-16真で登場した《真聖教会 エンドレス・ヘブン》だろう。シールド・セイバーを発動して自分のクリーチャー破壊されると、《エンドレス・ヘブン》の効果によって逆にシールドを増やすことができるため、そちらの龍解に大きく貢献することができる。

もちろん他のコスト5のドラグハートである《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》《神光の精霊龍 ウルティマリア》《聖槍の精霊龍 ダルク・アン・シエル》も呼び出すことが可能。特に離れた時にも能力トリガーする《聖槍の精霊龍 ダルク・アン・シエル》シールド・セイバー付与との相性が良い。

強いて言えばこのカード自体《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》の龍解に貢献しないこととこのカードがシングル・ブレイカーであることが弱点であったが、その内後者は《時の法皇 ミラダンテXII》革命チェンジ元になる性質から克服に至った。前者に関しても《青寂の精霊龍 カーネル》《音感の精霊龍 エメラルーダ》などのような素出しも比較的容易で尚且つcipが優秀なブロッカーの登場によりそれほど気にならなくなった。

特に革命チェンジの登場により、革命チェンジで使い回すことによって繰り返しドラグハートバトルゾーンに出してアドバンテージを稼げるようになり、大幅に強化された。除去耐性の高いコスト踏み倒しメタである《異端流し オニカマス》に対しても、ドラグハートを残せる上に《異端流し オニカマス》コスト踏み倒しメタ能力バウンスであるため、場合によってはこのカードを使用する側が有利になることもあった。

この汎用性の高さが、当時環境入りをしていた【ロージアミラダンテ】(と、及びその派生)の動きの核であった。そのため、これらのデッキを規制するためか、2018年3月1日より殿堂入りとなることが決定した。

サイクル

DMR-16極のドラグナーサイクル。
いずれもcipで、コスト3以下のドラグハート1枚(グレンモルトのみコスト3以下のドラグハート・フォートレスを2枚まで)か、同じ文明のコスト5のドラグハート1枚を呼び出すことができる。

関連カード

収録セット

参考