真実の名(トゥルーネーム) タイガー・レジェンド》

真実の名 タイガー・レジェンド VR 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/アンノウン 7500
ブロッカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分が負けるか中止するまで、相手とガチンコ・ジャッジする。その後、こうして自分がガチンコ・ジャッジに勝った回数、「ブロッカー」を持つ光の、進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
W・ブレイカー

DMR-08で登場したエンジェル・コマンド/アンノウン

ガチンコ・ジャッジで勝った回数分、進化ではないブロッカー踏み倒すことが出来る。

【ヘブンズ・ゲート】待望の大量展開の可能性を秘めた大型ブロッカー《ヘブンズ・ゲート》から展開することで、1ターンの間に何体ものブロッカーバトルゾーンを埋め尽くすことも夢ではない。

《知識の精霊ロードリエス》との相性は目を見張るものがあり、
《ヘブンズ・ゲート》で《ロードリエス》と共に展開→《ロードリエス》で2枚ドローガチンコ・ジャッジで追加の《タイガー・レジェンド》とブロッカー展開→更に《ロードリエス》でドローという風に連鎖的に能力をつなげることが可能。
締めに《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》を絡めればそのまま1ショットキルすることも出来る。
ただし、注意しなければならないのが、《タイガー・レジェンド》の効果でブロッカーを出して《ロードリエス》でドローしてから次を出すのではなく、一度に出してから《ロードリエス》でドローするという点である。他の類似効果持ちクリーチャーに比べ問題になりやすいのでしっかり把握しておくこと。

ガチンコ・ジャッジという不確定要素があるものの、【ヘブンズ・ゲート】デッキならば必然的に高コストブロッカーが多くなるため、さほど気にならないだろう。

《ヘブンズ・ゲート》より1コスト軽い上にこのカード自身で呼び出す数が《ヘブンズ・ゲート》より1体少ない点を補える《スターゲイズ・ゲート》も呼び出し手段として好相性。

サイクル

DMR-08の自分が負けるか中止するまでガチンコ・ジャッジを行うカード

収録セット

参考