真実の名(トゥルーネーム) バウライオン》

真実の名 バウライオン P 光文明 (8)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/アンノウン 8000
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、呪文を2枚まで、自分の墓地から手札に戻してもよい。

DMD-08で登場したエンジェル・コマンド/アンノウン
cip墓地呪文を2枚まで手札に戻すことができる。

《ヘブンズ・ゲート》の選択肢の1つ。失った手札を即回復できるのは、堅実かつ強力である。
《ヘブンズ・ゲート》で他のブロッカーと共に出し、このクリーチャーcip《ヘブンズ・ゲート》ともう1枚呪文回収、更なる展開を狙うのが主な使い方だろう。

【ヘブンズ・ゲート】はただでさえ手札が減りやすいので、この能力が役立つ場面も多い。コスト8と重いが、素出しにも耐えうるスペックなので普通に召喚しても十分に強力。
2枚「まで」で、「戻してもよい。」なので、0〜2枚の自由な枚数を選ぶことが出来る。そうあることではないが、《邪眼皇ロマノフI世》などと同時に運用する際は覚えておくと良い。

ただ、同じく《ヘブンズ・ゲート》で出せる呪文サルベージ持ちには《時の秘術師 ミラクルスター》《光サス奇跡ノ裁徒》が存在する。
種族や文明の違いで差別化は可能だが、呪文の回収枚数で劣る事もあって、厳しい立場に立たされている。

  • 漫画「ビクトリー」で登場した時には、このカードに「トゥルーネーム」ではなく「しんじつのな」とルビが振ってある。日本語としては間違いではないが、実際のゲームでは「トゥルーネーム」のほうが正しい。

フレーバーテキスト

収録セット

参考