真実の名(トゥルーネーム) ホワイト・オブ・ライオネル》

真実の名 ホワイト・オブ・ライオネル SR 光文明 (8)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/アンノウン 11500
ブロッカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札が相手より少ない場合、カードを1枚引いてもよい。自分のマナゾーンのカードが相手より少ない場合、自分の山札の上から1枚をマナゾーンに置いてもよい。自分のシールドが相手より少ない場合、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加えてもよい。
W・ブレイカー

DMR-07で登場したエンジェル・コマンド/アンノウン
相手より手札マナシールドが少ない場合、それぞれのゾーンに山札の上から追加するcip能力を持つブロッカー

うまく決まれば3枚ものアドバンテージを得られるものの、相手依存であり不確定なのが欠点。
手札シールドだけ確実に増やせるとは言えこのカードが入るであろう【ヘブンズ・ゲート】はどうしてもマナの展開が遅くなりがちで、《ヘブンズ・ゲート》手札を大量に消費する性質上、効果を最大限に使える機会は多いかもしれない。
マナブーストに拘らない場合は手札シールドを確実に増やせる《五極 ギャツビー》の方が安定性が高い。

手札マナシールドが全て相手以上の際に出すと、全く能力が使えず、事実上《神銃の精霊ナカツマキ》と同じパワー準バニラという情けないスペックに成り下がるので、出すタイミングが重要。特に両者手札ゼロからの今引き勝負といったこう着状態だと腐りやすい。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2018-11-12 (月) 17:15:59