神秘(しんぴ)宝箱(たからばこ)

神秘の宝箱 R 自然文明 (3)
呪文
自分の山札を見る。その中から自然以外のカードを1枚選び、自分のマナゾーンに置いてもよい。その後、山札をシャッフルする。

DM-06で登場した自然マナブーストサーチ呪文

よく似た効果《レインボー・ストーン》と違い自然以外という条件はあるものの、そちらより1コスト軽く、山札から選んでマナゾーンに置けるため色事故の防止などに有効。その他マナ回収の他に《母なる大地》やその後出た《母なる紋章》《母なる星域》などを絡めたコンボのパーツなどとして現在でも使われることがある。

そもそもこの呪文が唱えられるということは最低1枚は自然カードマナゾーンにあるはずであり、自然カードを更にマナに置きたい場合以外、このカード《レインボー・ストーン》上位互換となる。

マナサーチには他にも汎用性の高い《ダンディ・ナスオ》が居るが、こちらはマナブーストになるのが利点。

環境において

登場当初はサーチの重要性が認識されていなかったため《青銅の鎧》下位互換として見做されることもあった。

後に《母なる大地》が登場するとサーチとして認知するプレイヤーも出てきたが、《ダンディ・ナスオ》が登場するとサーチとしての立場をより軽いあちらに譲るようになった。

《ダンディ・ナスオ》の殿堂入り後そのリペアとして注目され、極神編環境ではO・ドライブのための文明調整要員として重宝された。

神化編環境からエピソード1環境にかけては【エンペラー・キリコ】系統での活躍が特に目覚ましく、【エンペラー・キリコ】系統が高速化した要因とまで言われた。

その後、《エンペラー・キリコ》プレミアム殿堂《緑銅の鎧》の登場などもあって、クリーチャーの付いている《緑銅の鎧》に立場を奪われたが、エピソード3環境で【ミステリー・キューブ】が成立するとドラゴン・サーガ環境までそちらで使われるようになった。

革命ファイナル環境から新章デュエル・マスターズ環境では《蒼き団長 ドギラゴン剣》系統での1ショットキルパーツサーチ要員として使われ、特に【5色ドギラゴン剣】《音精 ラフルル》をサーチする札として重宝された。

ところが《アクアン・メルカトール》が登場すると、【5色ドギラゴン剣】ではピンポイントでサーチするよりも《アクアン・メルカトール》墓地に落ちたカードゲームを組み立てることが主流になった。

双極篇になると《蒼き団長 ドギラゴン剣》系統の主流が【赤青ドギラゴン剣】【白青赤ドギラゴン剣】に移り、自然文明の支払いを要するこのカードは自然と退潮した。

ルール

フレーバーテキスト・カードイラストについて

入手性・価格について

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-06
    ひーふーみーよー。ん、一つ足りないぞ。――白銀の牙
  • DMX-08
    みんなの「ガチ」が詰まった宝箱……中身はもちろん、鬼ツヨ!
  • DMX-14
    その宝箱は、大地の力を増すのみならず、星域の力をも助ける。――蒼狼の始祖アマテラス
  • プロモ(P55/Y9)
    苦難の航海を続けるパーロックの次の狙いは、伝説の島国に眠る「神秘の宝箱」。その地は東方にあり、黄金の島と呼ばれるほど、財宝が豊かなところらしい。次こそお宝にありつけるか!?

収録セット

参考