神羅(しんら)ライジング・NEX(ネックス)

神羅ライジング・NEX SR 火文明 (6)
進化クリーチャー:ルナティック・エンペラー/アーマード・ドラゴン 13000
究極進化−自分の進化アーマード・ドラゴンまたは進化ファイアー・バード1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手は自身のパワーが一番小さいクリーチャーを1体選んで破壊する。
ゴッドスレイヤー(このクリーチャーがゴッドとバトルする時、バトルの後、そのゴッドを破壊する)
T・ブレイカー
このクリーチャーが破壊された時、相手は自身のパワーが一番小さいクリーチャーを1体選んで破壊する。その後、自分のパワーが一番小さいクリーチャーを1体破壊する。その後、進化ではないドラゴンを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。

DM-33で登場した究極進化ルナティック・エンペラー/アーマード・ドラゴン
エキスパンションのパッケージを飾るNEX

一見してテキストが非常に長いのが特徴。
cipで相手のパワーが最も小さいクリーチャーを選ばせて破壊し、pigではそれを自分と相手両方が行った後、自分は墓地から進化ではないドラゴンコスト踏み倒しできる。
また、ゴッド限定のスレイヤーであるゴッドスレイヤーも持つが、こちらはオマケのようなものだろう。

最低限「相手クリーチャーを2体まで除去して、自分の最弱クリーチャードラゴンに変わりうる」と考えて扱えるので、手間のかかる究極進化とはいえ悪いものではない。相手にゴッドがいなくてもそれなりに働いてくれるだろう。

もちろんゴッド相手には強い。ゴッドスレイヤーを持つことによって、自身より小さいゴッドであれば、バトルの勝利による破壊スレイヤーによる破壊で2パーツ一気に破壊できる。
パワーが大きいゴッド相手でも、ゴッドスレイヤーpig能力で一矢報いる事ができる。

《バジュラ・ザ・スター》が登場したとはいえ《超竜バジュラ》《超竜サンバースト・NEX》などの重くて強力な進化アーマード・ドラゴン進化元にするのは難しいため、《火之鳥ペリュトン》《凰翔竜機バルキリー・ルピア》などの出しやすい進化クリーチャー進化元にしたい。
《火之鳥ピルドル》から究極進化させて、相手の意表を突くのも面白い。

少々オーバーキルだが、ヒーロー性はかなり光るカードである。
手を伸ばしてみるのも悪くないだろう。

専用デッキについては「【ライジング・NEX】」を参照。

関連カード 

収録セット

参考