人工化学兵器(じんこうかがくへいき) ナノクローン》

人工化学兵器 ナノクローン SR 光文明 (11)
クリーチャー:メタリカ/スペシャルズ 15000
シンパシー:クリーチャー(このクリーチャーを召喚する時支払うコストはバトルゾーンにある自分のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただしコストは0以下にならない)
ブロッカー
T・ブレイカー
自分のクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置いてもよい。

DMRP-09で登場したメタリカ/スペシャルズ

巨大T・ブレイカーブロッカーシンパシー能力を持ち、自分のクリーチャーすべてに《グロリアス・ヘブンズアーム》と同様のシールド追加を行う。

味方をある程度並べた上でこのクリーチャーバトルゾーンに出し、一斉攻撃シールドの差を付けて圧倒するのがセオリー。
たとえスパーク呪文を浴びて攻めきれなくとも、シールドを増やし切れば逆転はされ難い。
コストは重いが、シンパシーの条件が緩いので案外出し易いのかもしれない。今季ではGRクリーチャーも合わせた展開が主流となるのも追い風。

さらにブロッカーを持つので【白単天門】にも適格。十分盤面が並んだ状況なら少ないコスト素出しすることも可能。
もっとも、強力なブロッカーを多数投入する【ヘブンズ・ゲート】系のデッキで4〜5体クリーチャーが並べている状態で更にこれを出すのはややオーバーキルな感じが否めないが。

一方、白緑構築の【ゲイル・ヴェスパー】で考えると無駄が多い。というのも、そちらには《Dの牢閣 メメント守神宮》が入るため、素でブロッカーを持っている点が活きづらい。さらに、フィニッシャーである《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》エクストラウィン条件とこのカードのサボタージュ能力がかみ合わない。

  • 原案のカードイラストがブシロードのTCG「フューチャーファイト バディファイト」のモンスター「複製模倣兵器 ジェムクローン」と酷似していた為、剽窃ではないかと一部で物議を醸した。

関連カード

収録セット

参考