水晶(すいしょう)記録(きろく) ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》

水晶の記録 ゼノシャーク VR 水文明 (3)
クリーチャー:ムートピア 1000
スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたままコストを支払わずに唱えてもよい)
クリスタル・メモリー VR 水文明 (4)
呪文
S・トリガー
自分の山札を見る。その中から1枚選び、手札に加える。その後、山札をシャッフルする。

DMRP-08で登場したツインパクトムートピア

クリーチャー面はスマッシュ・バーストを持つ。

パワーが1000しかないのが難点であり、適当な除去カードで即座に退場してしまう。スマッシュ・バーストアタックトリガーであるため、能力の使用には1ターン待たなければならないが、《堕魔 ドゥシーザ》《異端流し オニカマス》対策の《ゼンメツー・スクラッパー》のような低火力でまとめて除去されてしまうのは痛い。
《キリモミ・ヤマアラシ》を使ってスピードアタッカーを付与すれば、すぐにスマッシュ・バーストを打てるが、呪文面とクリーチャー面のコスト差は僅か1なので、そこまでする意義は薄い。

スマッシュ・バーストを一度も発動せずに除去されるとディスアドバンテージが増えるので、呪文面をそのまま唱えた方が安全である。
クリーチャーとしての使用感としては丁度《誕生の祈》に該当し、中速ビートダウン向けのスペック。殿堂入りパーツの多い【赤青ドギラゴン剣】リペアするには丁度良いだろう。

コスト3なので《激天下!シャチホコ・カイザー》でのリアニメイト範囲内である。呪文面を唱えてからリアニメイトすると無駄がない。

呪文面は《クリスタル・メモリー》そのもの。クリーチャー面が付いた分だけ上位互換と言える。《超次元リバイヴ・ホール》などで墓地回収できるのは《クリスタル・メモリー》にない利点である。クリーチャー化したことで、バトルゾーンからも《クリスタル・メモリー》を拾えるようになり、その応用は多岐に渡る。

環境において

登場から【赤青ドギラゴン剣】【白青赤ドギラゴン剣】【ドロマー超次元】などで使用されることとなった。

スマッシュ・バーストの発動に攻撃を要することから、これを採用したコントロールデッキ中速ビートダウンに近いような動きをするようになるという結果が出ている。【ドロマー超次元】でも《ポクチンちん》で相手の墓地戦術と踏み倒しを縛り、このカードのクリーチャー面でブレイクを刻みつつ《英知と追撃の宝剣》を引き込み、そうした強力な呪文を唱えつつギリギリの打点で攻めるプレイングが一般的になった。自らライブラリアウトのリスクを高める面もある【墓地ソース】との対面ですら、このカードスマッシュ・バーストに寄せる場合は《ヴォルグ・サンダー》による山札破壊よりも攻撃によって勝利を目指すことが珍しくなくなった。そうなった背景には2019年3月1日から《ヴォルグ・サンダー》殿堂入りしたという事情がある。


元のカードとの比較

一応、ツインパクト化したがゆえのデメリットも極少ながら存在する。
例えば、《偶発と弾幕の要塞》を使った時に、このカード自身がめくれてしまうと、《予言者クルト》のようなパワー500のクリーチャーしか破壊できなくなってしまう。それを防ぐために、あえて《クリスタル・メモリー》単体の方を使用するのも手である。
クリーチャー面がコスト3であるため《ウォズレックの審問》ハンデスされてしまう。
同様にパワー1000である為パワーを参照する《根絶のデクロワゾー》タップ能力で落ちてしまうが、《デクロワゾー》自体が実用に堪えるものではない為、気にするレベルではない。
他にも特筆するまでもない細かいデメリットは多くある。特殊な条件下で差別化のページを参照のこと。

また、墳墓避けのために両方投入するのもあり。

その他

  • 《クリスタル・メモリー》は直訳すると「水晶の記憶」となるが、このカードのクリーチャー面は「水晶の記録」なので注意。リメイク元の呪文の直訳をそのままクリーチャー面の名前に使うと安直だからか、敢えて直訳からずらしたネーミングにしたのだろうか。

サイクル

DMRP-08で登場したベリーレアツインパクトサイクル
クリーチャー面はすべてスマッシュ・バースト持ち、呪文面はすべて過去のS・トリガー呪文をそのまま採用している。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-08
    記録があれば、なんでもできる。

収録セット

参考