水上第九院(すいじょうだいきゅういん) シャコガイル》

水上第九院 シャコガイル SR 水文明 (9)
クリーチャー:ムートピア 13000
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の墓地にあるカードをすべて山札に加え、シャッフルする。
相手のターンのはじめに、カードを5枚引き、その後、自分の手札を3枚捨てる。
自分の山札の最後の1枚を引く時、ゲームに負けるかわりに勝つ。

DMRP-03で登場したムートピア

その能力は非常に盛り沢山であり

  1. cipで墓地を山札回復に充てがい
  2. 相手ターン開始時に非アクティブ・プレイヤーとして《スクランブル・タイフーン》を放ち
  3. 最後のカードをドローすると本来ライブラリアウトで自滅してしまうが、逆に勝ちに変換することができる。
    という新手のエクストラウィン能力である。限定的な敗北回避能力でそのままエクストラウィンしてしまうという置換効果を生成する常在型能力は、デュエル・マスターズ史上でも特異的である。

2.と3.が非常に噛み合っており、《知識の包囲網》《ハッスル・キャッスル》等でドローし切るケースでもない限り、基本的には相手ターン中の勝利を前提に設計するほうが無難である。《パーロックのミラクルフィーバー》《インビンシブル・テクノロジー》といったドローではない手札補充であればなおさらである。相手ターン中にディスカードができるので《斬隠蒼頭龍バイケン》等のマッドネスとのコンボも可能。

基本的に1.と3.はアンチシナジーだが、《シャコガイル》を出した後で墓地を肥やして山札圧縮する分には問題がないため、《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》《世界の果て ターミネーター》などと組合せて相手ターン中に勝つ豪快なコンボが考えられる。同弾ではお誂え向きに《ラトリエ・ロブション》という相棒が収録された。

だが、基本的には墓地肥やし以外で山札圧縮するのが効率的だろう。単純な無限ドローループであれば既に《偽りの名 iFormulaX》という対抗馬があるが、例えば、《龍素王 Q.E.D.》《インビンシブル・テクノロジー》を組合せれば、それだけで相手ターン中に勝てる。【緑単ループ】マナゾーンを利用した山札圧縮コンボであるため、《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》の枠をそのまま転用できる。

比較的条件を満たすのは楽なエクストラウィン能力であるため、これからのコンボデッキでは見かけることが多くなると予想される。


ルール(2017年9月21日事務局回答)

  • 置換効果を生成する能力は「自分の山札の最後の1枚を引く時」にトリガーする「ゲームに負けるかわりに勝つ。」という置換効果を生成するトリガー能力に読めてしまう。裁定通りに処理するためには「自分の山札の最後の1枚を引いてゲームに負けるとき、かわりに勝つ」と読み替える必要がある。
  • 置換元のイベントがそもそも発生していないと置換しようとする機会そのものが存在しないことになる。したがって《シャコガイル》とは別の敗北回避能力、例えば自分の《燃える革命 ドギラゴン》《伝説のレジェンド ドギラゴン》と組合せると、肝心の《シャコガイル》が重要な場面で置換できないという事態に陥る。組合せる場合は噛み合わせを考慮に入れる必要がある。

  • 「カードを5枚引き、その後、自分の手札を3枚捨てる」効果は、相手のターンがはじまる瞬間にバトルゾーンに存在することを誘発条件としたトリガー能力である。
  • カードを5枚引き、手札を3枚捨てる」のは相手のターンのはじめである。「ターンのはじめまで」の期間で有効な敗北回避能力は、そのターンに入った瞬間失効し、《シャコガイル》が誘発する「ターンのはじめ」ステップそのものは含まないのでエクストラウィンの障害とはならない。

環境において

登場から早速、【緑単ループ】【白緑メタリカ】【ジャックライヤ】?等、《ベイB ジャック》を活用した無限ループのフィニッシャーとして多く採用された。

  1. ドロソを同時搭載していれば、自分のターンでも勝てるし、当然相手のターンでも勝てるという柔軟性
  2. フィニッシュに必要な枠の最小化
  3. 最後がドローでさえあれば、自らのライブラリアウトで勝てるという勝利条件の易化

が主な要因と考えられる。

無限ブーストコンボである【ラララオプティマス】でも、《常勝ディス・オプティマス》殿堂入りした穴を埋める目的としても搭載されるケースがあった。

また、パワーが13000なので《天風のゲイル・ヴェスパー》と合わせてわずか1コストまで軽減でき、マナ回収で手札を補充しながらマナブーストにより山札をほぼ無尽蔵に削ることができる《ジーク・ナハトファルター》の登場後はグランセクトデッキのフィニッシャーとして採用されている。


その他

  • Magic:The Gatheringには《シャコガイル》のモデルになったと思われる《研究室の偏執狂/Laboratory Maniac》というクリーチャーが既に存在する。MTGとはライブラリアウトのルールが異なるため、エクストラウィンの条件が異なる。なおあちらは引くことのみを置き換え、ライブラリアウトによって負けることまでは置き換えない。
    • MTGでは山札のカードが1枚もない状態そのものは許されており、そこからいくら山札を墓地等に送ろうとしても負けることはない。山札が0枚の状態でさらにドローしようした段階で初めてライブラリアウトとなる。これは「遊戯王」でも同じルールである。
    • そのため、《研究室の偏執狂/Laboratory Maniac》のほうが《シャコガイル》よりも幅広い勝ちのルートが確保されているといえる。
    • 裏を返せば、《シャコガイル》をリリースしたということはすなわち、今後ライブラリアウトと判断される条件を変更する気は一切ないということでもある。
  • モデルは貝の一種であるシャコガイだろう。しかしムートピアの分類上は貝獣ではなく戦艦都市と思われる。

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-13 (日) 10:58:18