聖鎧亜(せいがいあ)キング・アルカディアス》

聖鎧亜キング・アルカディアス SR 光/闇文明 (7)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/ロスト・クルセイダー 9000
進化−自分の多色クリーチャー1体の上に置く。
W・ブレイカー
相手は、多色以外のクリーチャーをバトルゾーンに出す時、バトルゾーンに出すかわりに墓地に置く。
※プレミアム殿堂

DM-26で登場した/進化エンジェル・コマンド/ロスト・クルセイダー

《聖霊王アルカディアス》のバリエーションの一つで、相手の単色クリーチャーを封殺する強烈なロック能力を持つ。
長い歴史を誇るデュエル・マスターズの中でも、《エンペラー・キリコ》《邪神M・ロマノフ》と並ぶ史上最凶の進化クリーチャーといっても過言ではないクリーチャーである。

相手の多色以外のクリーチャーバトルゾーンに出せず、直ちに墓地へ直行。範囲は召喚だけでなく《母なる紋章》《インフェルノ・サイン》《紅神龍バルガゲイザー》などどんな方法で出そうとしても阻止できる。

多色以外のクリーチャーを「出す『かわりに』墓地に置く」という置換効果なため、《アクア・サーファー》などのcip能力能力を使うタイミングが存在せず、何も起こらないまま墓地へ置かれてしまう。pig能力を持つクリーチャーも同様で、能力を使うことなく墓地行きとなる。また《邪脚護聖ブレイガー》などのセイバーでの身代わりもできない。

《聖霊王エルフェウス》と同じく呪文に対する耐性はないが、バトルゾーンコントロール能力は抜群。《聖霊王アルファディオス》とは異なり、対象が相手だけなのも嬉しいところで、自分は《聖鎧亜キング・アルカディアス》のお伴となる単色クリーチャーを後続として出せる。

《光神龍スペル・デル・フィン》を出せば多色以外のクリーチャーおよび相手の全ての呪文を完全にロック。これは比較的狙いやすく、相手のデッキによっては即死コンボ級の体制になる。また、同じ弾の《アクア・ウェイブスター》がいれば相手の単色クリーチャーを根絶でき、このクリーチャー除去されない限り二度と戻ってこない。

極神編の他の多くの進化クリーチャーと同じく、進化元エンジェル・コマンドではなく多色クリーチャーにとっているので、使い勝手は従来の聖霊王とはだいぶ異なる。

イニシエートガーディアンなどの種族デッキで、デッキパーツとして普通に入っている多色クリーチャーをそのまま進化元にでき、エンジェル・コマンドをかませてデッキを作る必要は無いのが強み。

色が合い、5→7ときれいにつながる《無頼聖者スカイソード》《腐敗無頼トリプルマウス》などのように、本来は使い捨てなカードから進化できるため、相手に常にプレッシャーをかけ続けることができた。

手軽かつ非常に強力な制圧能力を持つことから、現在はプレミアム殿堂に指定されている。このカードを目にするのは殿堂ゼロデュエルなど、特殊なレギュレーションに限られるだろう。

ルール

  • 《龍覇 ザ=デッドマン》等、コストの支払いを別のものに置き換えて召喚する効果の場合、召喚する事自体は置換効果の影響がないため、このクリーチャーの能力に引っかかる裁定となっている。(事務局確認日:2016/08/19)

この手のカードを使用する際はデュエル・マスターズ公式HPのQ&Aで一度確認をしておくとよいだろう。一応、ほとんどのケースで墓地行きになってしまうということは頭に入れておきたい。


環境において

極神編DM-26で登場以来、様々なデッキで活躍。

【キング・アルカディアス】をはじめとして、【ギャラクシーコントロール】【5色フェアリー・ミラクル】【ハイドロ・ハリケーン】、【ロマネスク】、【イニシエート】などの多くのデッキで使われていた。またDMC-46での再録もあり、当時は入手も容易だった。

極神編の段階でも十分に強力だったが、単色カードを推進する戦国編に入ると、さらにその凶悪さを発揮し始める。

神化編期の2009年12月19日、《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》などとともに、ついに殿堂入り。相手に出された場合、とりあえず眼前の一体を潰せば回収されない限り出てこないので、対処はしやすくなった。戦略の中心にしにくくなったものの、それでも出せれば十二分に強いカードなので、多色クリーチャーを扱ったコントロールではなお使用された。

神化編末期の2010年5月15日、プレミアム殿堂入りが決定。前回殿堂入りしたばかりであるため、いかにこのカードメタで活躍していたかがわかる。これにて数々の単色デッキを苦しめてきたキング・クイーンロック(いわゆる夫婦ロック、王妃ロック)は消滅した。ちなみに、進化クリーチャー初のプレミアム殿堂である。

このカードが存在する環境では、【速攻】以外の全デッキが「単色クリーチャーに頼らない除去手段」を多めに積むことを要求された。

また《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》などの呪文ロックを横に並べられるとれるとそれらも大半は通用しなくなるのでデッキによっては完全に詰むことになる。

一応、《戦攻竜騎ドルボラン》《執拗なる鎧亜の牢獄》など一部のカードで対抗できたものの、殆どがバウンス関連で時間稼ぎにしかならないことが多かった。

そのため、このカードも含め除去手段を多く持つ入りのデッキメタを占めるのは必然な流れであった。デッキビルディングの幅を狭めてしまったという意味でも、このカードプレミアム殿堂化は相応しいものだったと言える。


その他

  • アニメでは「ゼロ」の11話から白凰の新たな切り札として登場している。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-16 (日) 14:32:30