聖闘(せいとう)精霊龍(せいれいりゅう) セイント・カイザー/ライブラ・シールド》

聖闘の精霊龍 セイント・カイザー P 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/ハンター 7000
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、表向きのまま新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。
ライブラ・シールド P 光文明 (5)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
各プレイヤーは、自身の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。

DMBD-09で登場したエンジェル・コマンド・ドラゴン/ハンターツインパクト

クリーチャー面は相手クリーチャーを1体シールド送りできるcipを持っている。

同コストで類似した能力を持つクリーチャーに《煌龍 サッヴァーク》がいる。
あちらは「複数枚で構成されるクリーチャーを対象にした場合、シールドの数を大幅に増やさない」「シールドが1枚もないと除去できない」、カード指定除去のため「一番上を対象にした場合、下のカードの再構成が行われる」。
《セイント・カイザー》の利点は「下のカードもバトルゾーンに残さない」「シールドが1枚もないときでも除去できる」「革命など、シールドの数を参照するものを阻害できる」

呪文面は無条件で互いのシールドを増やすS・トリガー
S・トリガーで自分のシールドを増やすカードというと、すでに《ルクショップ・チェサイズ》などが存在する。
相手にも強制的にシールドを追加させるので、《ツタンメカーネン》同様ライブラリアウトを狙う戦法も考えられる。
単に各プレイヤーが1枚シールド追加するなら2コスト軽い《青守銀 シルト》が存在するが、あちらは相手が盾を増やすかは任意であり、どのゾーンからシールドを増やすかが全く違う上に種族はおろか、《青守銀 シルト/解体事変》というカードとしてのも完全に別物なので比較対象にはならない。

非進化ブロッカーでもあり、コスト7以下の非進化ドラゴンでもあるので、《ヘブンズ・ゲート》《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》《ドラゴンズ・サイン》の両方に対応しており、踏み倒しの手段が豊富なのが魅力。
《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》との相性は抜群で、このカードは両面とも相手のシールドを増やす能力を持っているので、《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》の相手のシールドの数だけガチンコ・ジャッジする能力とシナジーを形成し、ハンターでもあるので《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》から踏み倒す事も出来る。特に【デ・スザーク】はクリーチャー面の格好の餌食であり、無月の門でバトルゾーンにやってきた《卍 デ・スザーク 卍》《卍月 ガ・リュザーク 卍》を下のカードごとシールドに葬れば、リソース削りかつガチンコ・ジャッジを行う回数を倍増させる。

S・トリガーを持つシールドが加わると脆い点も、登場時の環境を考えると防御S・トリガー呪文に寄っているため、《ジャミング・チャフ》1発で丸々ケアできるケースも少なくない。
そこから《時の法皇 ミラダンテXII》召喚ロックすれば相手のS・トリガーの大半を防ぐことができるようになる。

ツインパクトカードであることの強力なメリットとして、呪文面を唱えて墓地に置けば、後に《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》によるハンター踏み倒しの際の手軽な追加打点として運用できる。構築次第ではあるが、折角《刃鬼》を出してもマナゾーンにハンタークリーチャーが2、3体しかないというシーンもざらにある。

  • クリーチャー名は聖(セイント)+コマンド・ドラゴン/ハンタークリーチャーの「カイザー」。 呪文面は山札の俗称であるライブラリ+シールド。
  • カード名の由来は2種類考えられる。
    • 漫画『聖闘士星矢(セイントセイヤ)』とは、「聖闘」と「セイント」の2つが共通している。同作品で登場する天秤座(ライブラ)の黄金聖衣は両腕に盾を装着するという類似点もある。
    • 特撮番組『魔法戦隊マジレンジャー』に、中点除き同名となる魔神(巨大ロボ)「セイントカイザー」が登場する。

関連カード

収録セット

参考