聖竜(せいりゅう)ボルシャック・ウルフェウス》

聖竜ボルシャック・ウルフェウス SR 光/火文明 (7)
進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン/エンジェル・コマンド/ハンター 9000
進化−自分の「コマンド」と種族にあるクリーチャーまたはドラゴン1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、光または火の呪文を1枚、自分の手札からコストを支払わずに唱えてもよい。
W・ブレイカー

DMX-04ハンターとなって登場した《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》

進化元の数が1体に減り、コマンドあるいはドラゴン指定になり、手軽になっている。
汎用性の高いサイキック・クリーチャー侵略持ち侵略者には、エンジェル・コマンドアーマード・ドラゴンではないコマンドドラゴンクリーチャーも多く、進化元を深く考えず投入できるのは本家との大きな違いである。

その分派手さは少なくなっており、パワーが4000減り、アタックトリガーも無くなっていて、W・ブレイカーになってはいるが、cip能力は全く同じ。
cip能力を最優先で使いたい場合や、進化元の都合、ハンター種族であることなどで差別化していきたい。

本家《ボルフェウス・ヘヴン》と同じく《ティラノ・リンク・ノヴァ》《インビンシブル・フォートレス》《超銀河弾 HELL》などの重呪文を唱えることができる。もちろん手頃な超次元呪文でもいいが、6コスト以下ならば《聖霊左神ジャスティス》がいるので、なるべくなら7コスト以上の大型呪文を唱えたい。

《ボルシャック英雄譚》と組み合わせて十分展開した後に、《ジャミング・チャフ》を絡めて詰めるのも美味しい。

専用デッキについては【ボルシャック・ウルフェウス】を参照。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-13 (日) 01:25:57