聖霊王(せいれいおう)ガガ・ラスト・ミステリカ》

聖霊王ガガ・ラスト・ミステリカ SR 光文明 (9)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/エイリアン 13000
進化―自分の光のクリーチャー1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーがアンタップされた時、自分の山札を一番下の2枚を残してすべて引く。その後、「S・トリガー」付き呪文を好きな枚数コストを支払わずに唱え、「S・トリガー」付きクリーチャーを好きな数コストを支払わずに召喚してもよい。

DMR-02で登場した進化エンジェル・コマンド/エイリアン

進化条件が「クリーチャー」と非常に緩く、その能力からS・トリガー獣を主体とした【ヘブンズ・ゲート】などとの相性が非常に良い。

能力

  1. 山札の残りが2枚になるまでカードを引く。
  2. 手札にあるS・トリガー付き呪文を好きなだけコスト踏み倒しで使用。
  3. 手札にあるS・トリガー付きクリーチャーを好きなだけコスト踏み倒しで使用。
    ……の順番で処理する。
    順番がドロー呪文クリーチャーと固定されているので、クリーチャーを先に召喚して呪文で強化するなどといったことはできない。
    また、もし山札が残り2枚以下でカードが引けなくても、手札S・トリガー付きの呪文クリーチャーがあれば、それを使うことができる。
    多くのカードをプレイできるので色々なコンボが可能。無難なところで、《ヘブンズ・ゲート》《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》+多数のS・トリガー獣《霊騎コルテオ》で総攻撃、など。

特に工夫しなければ、能力を誘発させるためには一度攻撃し、次の自分のターンまで待つ必要がある。パワーはあるので殴り返しにはある程度困らないが、その間に除去されてしまう可能性が高い。
出したターン中に決めるなら《リバース・アーマー》クロスまたは《メタルコックのタイマー》と並べる、ターンをまたぐなら《光器クシナダ》《ペトリアル・フレーム》などで守っておく、など。

使いたければ専用デッキを構築するのが吉だろう。S・トリガー満載のデッキならば圧倒的な制圧力を発揮し、一度でも能力を使えれば勝ちは決まるに等しい。

  • ターンのはじめのアンタップステップにアンタップして能力が誘発した場合、能力の解決中にマナゾーンにタップして置かれたカードを直後にアンタップすることはできない。このカードの能力がアンタップの後に解決するものだからである。

収録セット

参考