聖霊龍王(せいれいりゅうおう) バラディオス》

聖霊龍王 バラディオス VIC 光文明 (8)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 12000
進化ー自分の光のコマンド1体の上に置く。
ブロッカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、または自分のシールドの最後の1枚がブレイクされた時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーをすべてタップする。次の相手のターンのはじめに、そのクリーチャーはアンタップされない。
T・ブレイカー

DMX-16で登場したビクトリーを持つ進化エンジェル・コマンド・ドラゴン

cipと自分の最後のシールドブレイクされた時に、《プリズン・スパーク》と同等の効果、つまり相手クリーチャー全員をフリーズ状態にするという制圧力が極めて高いカード

このクリーチャーが出てしまえばバトルゾーンに相手のクリーチャーが何体いようと次のターン攻撃できないので、とても安全に攻撃を仕掛けることができる。
もし次のターンに相手のクリーチャーが出てきても、シールドさえ残っていれば再びフリーズを行い確実に1ターン残すことができる。

タップというと高いパワーで相手を殴り返すというイメージがあるが、フリーズのおかげで相手は1ターン攻撃できない上、このクリーチャーには除去耐性が一切ないので、相手がアンタップする前にごり押しする等攻撃的に用いた方が効果的。

とはいえやはり8コストという重さとビクトリーという高いレアリティを考えると、少し地味な印象は拭えない1枚。打点は十分だが器用な動きはできず、結局パワー任せのごり押ししかできないという事からさほど評価は高いカードではなかった。

しかし【ロージアミラダンテXII】との相性が注目され、多少は再評価された感はある。
《ヘブンズ・ゲート》には対応していないが、ドラグハート・フォートレス《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》のコスト踏み倒しの対象内には入っている。状況に合わせて 《真・龍覇 ヘブンズロージア》に進化させ、相手の動きを止めた次のターンに 《時の法皇 ミラダンテXII》革命チェンジ。《パラディオス》を手札に戻して何度も使いまわしながらパワー12000のブロッカーでスピードアタッカーによる奇襲を防ぎ、そして相手クリーチャーを常にフリーズさせ続ける・・・・・・という以前では考えられないほどユーティリティな動きが可能となった。

関連カード

収録セット

参考