絶頂神話(クライマックス) カツムゲン》

絶頂神話 カツムゲン VIC 火文明 (9)
エグザイル・クリーチャー:アウトレイジOMG 13000+
クライマックス・ドロン・ゴー:自分の、コスト7以上の火のエグザイル・クリーチャーが破壊された時、このクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
自分の他の、名前に《絶頂神話 カツムゲン》とあるエグザイル・クリーチャーをバトルゾーンに出すことはできない。
相手のカードがシールドゾーンに加えられた時またはシールドゾーンを離れた時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
ゴッドとバトル中、このクリーチャーは無限のパワーを得る。
T・ブレイカー

DMR-12で登場したエグザイルアウトレイジOMG

新能力クライマックス・ドロン・ゴー、条件つきのバトル誘発能力、そしてゴッドメタ能力を持つ。

クライマックス・ドロン・ゴーにより、自分のコスト7以上の火のエグザイル・クリーチャーが破壊されたとき、手札からコスト踏み倒しができる。

通常のドロン・ゴーと異なり、このクリーチャーバトルゾーンに出す能力はこのカード自体が持つため、他のドロン・ゴーのついでにこのクリーチャーコスト踏み倒しすることができる。エグザイル・クリーチャー特有の召喚制限も同名カードのみのため、《神撃の カツドン DASH》《最終章 カツエンド》と同時に出すことができ、一気に展開することも可能。

また、相手のカードがシールドゾーンに加えられた時、またはシールドゾーンを離れた時に相手クリーチャーとこのクリーチャーバトルさせる能力を持つ。この能力が一番誘発しやすいのは相手シールドブレイク時だろう。強制とはいえ、13000の高パワーに加えてゴッド相手に無限のパワーを得る能力を持つので、大抵の敵クリーチャーを破壊できるだろう。よく使われる《偽りの王 ヴィルヘルム》《暴走龍 5000GT》など、パワー12000級を討ち取れるのは大きい。ただし、《レッド・ABYTHEN・カイザー》には要注意。

派手な能力持ちのビクトリークリーチャーだが、ファッティにしてはスピードアタッカーを持たず、ただバトルゾーンに出しただけでは何の仕事もしてくれない。ドロン・ゴー元や相手シールドブレイク役など、このカードを活用する環境を整えないと、その能力を十二分に発揮することは難しい。強力なクリーチャーには違いないので、ドロン・ゴーデッキなどの専用構築で活躍させてやりたいところ。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-10 (木) 13:34:27