《戦の傾き 護法》

戦の傾き 護法 UC 光文明 (5)
クリーチャー:メタリカ 4000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。
自分のシールドゾーンにカードが置かれた時、相手のクリーチャーを1体選び、タップする。

DMRP-03で登場したメタリカ
cipシールド追加を持ち、自分のシールドゾーンカードが置かれた時相手のクリーチャーを1体選んでタップする能力を持つ。

シールド追加cipとそれに反応するタップ効果という、小型版《封印の精霊龍 ヴァルハラ・パラディン》とも言えるスペッククリーチャー。そちらと違い効果はすべて強制フリーズの追加効果も無く、ブロッカーW・ブレイカーも持たないが、比較的素出ししやすいコストで、《一番隊 クリスタ》をはじめとしたメタリカサポートを受けられる点などで差別化が可能。

「自分のシールドゾーンカードが置かれた時」とは、通常のシールド追加以外にもシールド・プラスシールド・ゴー要塞化裁きの紋章なども含まれる。
また、同種族メタリカには破壊される時シールドに置かれる《奇石 コントロ》がいる。このクリーチャー破壊される時に下にクリーチャーがいれば、そのクリーチャーごとシールドが追加されるので、その数だけ相手クリーチャータップできる。
これらのカードとのコンボを考えてみるのも面白いかもしれない。

  • デュエル・マスターズ全国大会2017エリア代表決定戦などブロック構築で見られる、白黒緑で組まれた《グレート・グラスパー》を中心としたクリーチャーコントロールでは、多くて2枚程度だが採用されている。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考