洗脳(せんのう)センノー》

洗脳センノー R 無色[ジョーカーズ] (3)
クリーチャー:ジョーカーズ 4000
相手は、自身のターン中、召喚以外の方法でクリーチャーをバトルゾーンに出せない。

DMRP-01で登場したジョーカーズ

《異端流し オニカマス》《デスマッチ・ビートル》と同様、相手のターン中の召喚以外のコスト踏み倒しメタカードである。

だが、それらとは違って他に能力がない代わりにコスト踏み倒しそのものを禁じてしまうので、その多くがコスト踏み倒しcipに依存している、侵略革命チェンジを主な戦略とするデッキには天敵とも言える存在である。

ただし自分のターン中は能力が発動しないため《ヘブンズ・ゲート》《インフェルノ・サイン》をトリガーされたり侵略ZERO革命0トリガーを発動されるとコスト踏み倒しを許してしまうので注意。

踏み倒しメタが付いて攻撃可能な上に文明を持たないのにもかかわらず自然バニラ並にパワーが高いのも特徴。カードパワーインフレを感じる1枚である。4000というパワー《ハムカツ団の爆砕Go!》全体火力の方には引っかからないラインであり、《超特Q ダンガンオー》シールドを一気にブレイクした後もその点ある程度は安心。

ルール

環境において

新章デュエル・マスターズ環境では【ジョーカーズ】で活躍。
無色なので出張パーツとしても需要があり、コスト踏み倒しメタとしての能力そのものが《異端流し オニカマス》よりも強力なことから稀に【青黒ハンデス超次元】に挿されていた。

しかし双極篇になるとcip墓地リセットすることで墓地利用を行うデッキメタを張れる《ポクチンちん》が登場し、あちらに立場を譲るようになった。自分のジョーカーズバウンスするのがデッキの動きである【ジョット・ガン・ジョラゴン】とも折り合いが悪く、《“乱振”舞神 G・W・D》によってパワー4000以下のウィニーが徹底的にメタられるようになってしまったのも痛い。

超天篇環境最初期に成立した【GRジョーカーズ】では山札回復が必要のない《ガンバトラーG7》軸で再び使われるようになった。
このクリーチャーはGR召喚をメタる事が出来ないものの、《ポクチンちん》と違って《暴走 グロール/カルド・コバーン》で一方的に殺されない利点があるので【レッドゾーン】に対しての強みが出てきた。

漫画・アニメでの活躍

  • 漫画「デュエル・マスターズ(2017)」2巻に早々に登場しているが、漫画に登場したジョーカーズの中では何故かアニメへの登場が全くなかった。恐らく相手のコスト踏み倒しを手軽に封殺することが見栄えの良い展開を阻害するからであろう。だが、「デュエル・マスターズ!」第27話にて遂に登場。学校にやってきたミノマル自然文明出身であることを他の生徒たちに言おうとしたため、それを阻止する為に切札 ジョーが産み出した。その後、他の生徒全員にミノマルが転校生であるという洗脳をかけた。
    発売からアニメへの登場まで実に約1年7ヶ月《超特Q ダンガンオー》以上の遅出である。ジョー曰く「前に描いておいた」とのこと。

その他

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-01
    ブーン…ブーン…このウズを見たら、アナタはでてきたくなくナール…ブーン ---洗脳センノー
  • プロモ(P117/Y16)(P58/Y17)
    デュエル・マスターズで遊んだ思い出は、何があっても消センノー。 −洗脳センノー

収録セット

参考