憎悪と怒りの獄門(エターナル・ゲート)

憎悪と怒りの獄門 SR 闇/火文明 (6)
呪文
相手のシールドが自分より多ければ、この呪文を唱えることができる。
自分のシールドと同じ数のシールドを、相手は自身のシールドゾーンから選ぶ。相手は残りのシールドを手札に加える。(その「S・トリガー」を使ってもよい)

DM-11で登場した/エターナル呪文

相手のシールドの枚数を、自分のシールドと同じにする。
自分のシールドが減っている状態ほど効果が大きい。もちろん自分のシールドが1〜0枚のときに使えば非常に強力である。

ただし、相手はそのS・トリガーを使うことができる上、シールド手札に加えられて次のターンの反撃を助長する。使ったターン中に止めが刺せる構成を心掛けたい。

普通に使うなら【速攻】ビートダウンへの対策が考えられる。
ブロッカー殴り返しで時間を稼ぎつつ、シールドが減りきったところで唱えれば逆転することが可能。

《光器ペトローバ》《地神エメラルド・ファラオ》などのアンタッチャブルクリーチャー攻撃できる状態で使えば、《スーパー・スパーク》など全体に効果が及ぶS・トリガーを踏まない限り、確実に攻撃を通すことができる。色の合う黒赤緑五元神ではしばしば【速攻】対策に採用される。

を含む呪文のため、《邪眼皇ロマノフI世》ロマノフ一派の効果によってタダで唱える事が可能である。

うまく使えばシールドの差を一気にひっくり返して1ショットキルが可能なスペックは魅力的である。使いこなすのは難しいが、強力な呪文の1つである。

ルール

その他

サイクル

DM-11の「エターナル」呪文サイクル

収録セット

参考