太陽王(たいようおう)ソウル・フェニックス》

太陽王ソウル・フェニックス VR 火/自然文明 (4)
進化クリーチャー:フェニックス 13000
進化V−自分のファイアー・バード1体とアース・ドラゴン1体を重ねた上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、一番上のカードだけがバトルゾーンから離れる。(下の2枚は別々のクリーチャーとなる)

DM-12で登場した/自然進化Vフェニックス

進化Vとはいえ、コスト4でパワー13000のT・ブレイカーと言えばなかなかのスペックだろう。
バトルゾーンを離れると進化元に分離する能力を持ち、除去されても大きくアドバンテージを失わないのが強みである。

他の同サイクルクリーチャーと同じく、召喚には手間がかかる。
このカードは長期戦が苦手な赤緑のステロイド色のため、軽さに比例せず一層召喚しにくい。
幸いファイアー・バードにはドラゴンコストを下げられる《コッコ・ルピア》が存在し、アース・ドラゴンには《緑神龍グレガリゴン》《緑神龍カミナリズム》など、手頃な中型がいる。自然マナブーストカードのメッカなので、進化元のコストはあまり気にならないだろう。

バトルゾーンを離れる時進化元が分離するため、ある程度除去に耐性を持っていると言える。ただし、タップした状態で分離すると進化元もタップ状態で場に残る点には注意。これが仇となることが多く、そこを攻撃されて崩れることも多い。

また、サイクルの他の進化Vに比べると単調な攻めしかできないのもつらいところか。

専用デッキについては「【太陽王ソウル・フェニックス】」を参照されたし。

比較的簡素なテキストに反して、非常にルールのややこしいカードである。通常のプレイで発生するものは少ないが、不死鳥編以降のカードとの相互作用が多い。もし使うのであれば、以下の注意点を参照したい。


ルール

  • ソウル・フェニックスがタップ状態で場を離れた時、2体の進化元もタップ状態で場に残る。
  • 《ソウル・フェニックス》が攻撃中に除去された場合、残った進化元のどちらかで攻撃を続行する。
  • ファイアー・バード1体とアース・ドラゴン1体が場に残せる。何らかの理由で進化時と下のカードが違う場合、どのクリーチャーを場に残すかは持ち主が選び(本来の進化元でなくてもよい)、使われなかった分は墓地に送られる。
  • 下に別の進化クリーチャーがあった場合、正当な進化元があれば重ねて場に残すことができる。この場合も正当な進化が成立するならば、元々の進化元の上に重ねる必要はなく、持ち主が組み合わせを選択できる。
    • たとえば、進化元の一方が本来《緑神龍ガミラタール》の上に《超神龍ブラムグレール》、その上に《超神龍バイラス・ゲイル》の状態だった時、持ち主はガミラタール単独、バイラス・ゲイル(下にガミラタール)、バイラス・ゲイル(下にガミラタール+ブラムグレール)、ブラムグレール(下にガミラタール)、ブラムグレール(下にガミラタール+バイラス・ゲイル)のいずれかを選んで場に残せる。
    • なんらかの理由でガミラタールが無くなっている時は、ブラムグレールとバイラス・ゲイルは墓地に置かれる。
  • 下にマナ進化クリーチャーがあった場合、やはり進化元を用意できればバトルゾーンに残せる。マナではなく、下のカードの中に正当な進化元がある場合に場に残すことができる。

その他

  • アニメ「チャージ」ではバケツマン難波 金太郎戦で使用、その時金太郎は4マナでT・ブレイカーを持っていた事に驚いていた。

サイクル

DM-12多色進化Vクリーチャー。
固有の能力と、場を離れた時の何らかの能力を持つ。

関連カード

背景ストーリーのラスボス

収録セット

参考