堕呪(ダスペル) ウキドゥ》

堕呪 ウキドゥ UC 水文明 (2)
呪文:魔導具
いずれかのプレイヤーのシールドを1つ見る。それを持ち主の墓地に置いてもよい。そうしたら、そのプレイヤーは自身の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。
カードを1枚引く。

DMRP-07で登場した魔導具呪文

シールド操作と手札補充を行う。

相手に対して使う場合、別のシールド交換シールド追加効果で仕込まれたS・トリガーや、シールドに重なった裁きの紋章などの対処に役立てる事ができる。
ただし、それらを使用するデッキはある程度限られてくるので、相手に使える点はいざという時の為の一手として考え、基本的には自分に対して使用することになるだろう。

シールド墓地に置くのを自分に対して使うと「墓地肥やし+手札交換」といったカードになる。
そうなると対抗馬は《エマージェンシー・タイフーン》及び《堕呪 バレッドゥ》だろう。特に後者とは魔導具呪文である点も共通する。

シールドを操作する魔導具と言えば《堕魔 ドゥンブレ》も対抗馬として挙がるだろう。
こちらは自分のシールドを減らすリスクが無い、ドラゴン・W・ブレイカー裁きの紋章といった表向きの相手シールド墓地送りできたりとメリットも多い。
相手に使うことに専念するなら《凶鬼卍号 メラヴォルガル》の地ならしとして活用できる。

環境において

【新世壊ガ・リュミーズ】の初動キャントリップに使う場合は、1枚シールドピーピングできればスーパー・S・トリガーを回避するのには十分なのと墳墓避けS・トリガーの付いている同コストの《堕呪 ギャプドゥ》が優先されることから、2枚に抑える構築も珍しくない。

特に自分に打つ必要がない場合、《逆転のオーロラ》を使うデッキへのささやかな妨害となる。【メルゲドッカンデイヤー】との対面ではこのようなプレイングも行われる。

その他

  • モチーフは浮き輪。(ウキドゥ)

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考