堕魔(ダーマ) ドゥスン》

堕魔 ドゥスン P 闇文明 (2)
クリーチャー:マフィ・ギャング/魔導具 1000
各ターン、相手が唱える1枚目の呪文のコストを1多くする。

DMSD-06で登場したマフィ・ギャング/魔導具

ターン、相手の呪文唱えるコストを1多くする能力を持つ。

《ハヤテノ裁徒》と同様、一撃奪取サイクルと似た能力を持つが、あちらとは違い、コストを引き上げる。
序盤から呪文のコストを引き上げることはわずかながらも相手の出だしを遅くできる。特にコスト踏み倒しには大抵中、高コストの呪文が絡むため、相手はターンを重ねることとなる。
また、魔導具としても扱えるため、相手のマナが十分に溜まる前に、このカードを含めた無月の門の準備を進めるとよい。

ただ、コスト2でパワー1000というのはクリーチャー能力による除去ならあらゆる手段に引っかかると言ってもよいラインにあるため、ツインパクトの登場により呪文の地位が上がったとはいえまだまだクリーチャー主体の環境でありフルクリーチャーがざらな双極篇時点では場持ちは過信できない。

やはりクリーチャーの能力による除去への耐性が低いこととコスト2の魔導具の採用枠の都合から【デ・スザーク】のデッキにおいては必ずしも採用できるカードとは言えない。ただ、これがあると【デ・スザーク】【ゴクガサイクル】をカモにできる。

また、ツインパクト登場を受けて汎用性重視の風潮が漂っており、【デ・スザーク】を除けば2コスト域に除去以外の役割を持ちにくいクリーチャーを入れない構築が当たり前と化しているため、心配されていた出落ちの危険性は実際の双極篇環境ではそこまで高くない。

DM・双マーク2ブロック構築環境では【サッヴァーク】【青単ムートピア速攻】を始めとして数多くの環境デッキに刺さるため、殿堂レギュレーションでの【デ・スザーク】によく使われる《堕魔 ドゥグラス》と総入れ替えにするケースもある。《堕魔 ドゥスン》《堕魔 グリペイジ》《追憶人形ラビリピト》といったように2→3→4と繋いで立て続けに妨害するのはDM・双マーク2ブロック構築環境【デ・スザーク】における強力な動きの1つ。

  • モチーフは分銅であり、名前の由来は擬音のドスンから。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMSD-06
    相手の呪文を重くするドゥスンで、序盤の呪文を徹底的にシャットアウト!

収録セット

参考