大地の超人(ガイア・ジャイアント)

大地の超人 C 自然文明 (6)
クリーチャー:ジャイアント 3000
S・トリガー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のアンタップしているクリーチャーを1体、マナゾーンに置く。その後、相手は自身のアンタップしているクリーチャーを1体選び、マナゾーンに置く。

DMRP-02で登場したジャイアント

cipで自分のアンタップ状態のクリーチャーを1体とアンタップ状態のクリーチャー1体を相手に選ばせてマナ送りにする能力を持つ。

S・トリガーを手に入れた《霊騎ラグマール》《堀師の銀》といったスペック。ブーストマナ送り除去を同時にこなせる器用さは彼らが証明済み。

だが実際のところ、種族の恩恵や4コストという軽さ、《邪帝斧 ボアロアックス》でのコンボなどによって活躍の場を見出している上記2体に対して、こちらはいまいち中途半端な印象を拭えない。
S・トリガーとして見てもジャイアントには《罠の超人》という対抗馬が存在するため、ここでも採用は見送られがち。

一応、《西南の超人》が複数いれば《霊騎ラグマール》よりもお手軽に使うことができるようになる。

当初は【ガチャンコ ガチロボ】に入る対象を取らない除去札として候補に挙がる程度であったが、DMBD-02《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》が登場してからは【ドルゲユキムラループ】の要として採用されるように。

偶数コストなので初期型の【チェイングラスパーループ】でも《異端流し オニカマス》除去できる札として偶に採用されたが、10コストと重い分だけシステムクリーチャー除去としてよりカードパワーが高くよりコスト踏み倒しメタへの耐性が高い《スペリオル・シルキード》が登場すると、あちらに立場を譲るようになった。

関連カード

収録セット

参考