大勇者(だいゆうしゃ)ふたつ牙(デュアル・ファング)」》

大勇者「ふたつ牙」 SR 自然文明 (6)
進化クリーチャー:ビーストフォーク 8000
進化−自分のビーストフォーク1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、 自分の山札の上から2枚を、自分のマナゾーンに置く。
W・ブレイカー

DM-02で登場した進化ビーストフォーク

cipで2枚マナブーストするW・ブレイカー

スペック《青銅の鎧》上位種といった趣で、6マナが出る時点からさらに重量級カードが出せるマナ圏へと移行できる。同時にパワー8000のW・ブレイカーが残り、これ1体で戦線が大幅に強化される。

初期のビーストフォークデッキウィニービートダウンを仕掛けるデッキが多かったため、こちらより《大勇者「大地の猛攻」》の方が使用されてきた。
しかし、聖拳編以降環境を制してきた《無双竜機ボルバルザーク》系デッキが次第にコントロール色を強めていくにつれ、重量級カードの使用も増えたためにこのカードの需要も増加。

《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》の時代になるとサファイア系デッキの必須パーツの一つとなった。(>【牙サファイア】

不死鳥編以後は上記のプレミアム殿堂入りしたカードの代わりに《バジュラズ・ソウル》《光神龍スペル・デル・フィン》を採用し【牙バジュラズ】【牙デルフィン】の中心として活躍。

その後は《エンペラー・マルコ》と組んで【マルコビート】(牙マルコ)の補助になったり、究極進化進化元になったりした。

DMR-01では完全上位互換となる《スーパー大番長「四つ牙」》が登場。ハンターがネックとなる状況がなければ、そちらが使われるだろう。

補助でもあり主戦力でもあるという二面性を備えた大型進化であり、このカードが使用されてきた期間は長い。第一線を退いた今でも、このカードに愛着を持つプレイヤーは多いだろう。

ドラゴン・サーガでは新種族ビーストフォーク號が登場し、進化元の選択肢が拡充したが復権には至らなかった。

双極篇では《大勇者「ふたつ牙」/ビースト・チャージ》としてツインパクト化を果たした。

  • 「二つ牙」ではなく「ふたつ牙」。味のあるネーミングセンスと言えるだろう。
  • アニメでは勝利をはじめとして様々なデュエリストが使用している。ちなみにアニメで最初に登場した、召喚酔いをしないW・ブレイカーである。
  • アニメ「デュエル・マスターズ」では「巨大な盾ガルウイングと伝説の大聖剣エクスカリバーを振るう進化クリーチャー」と説明された。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMC-39
    強大な敵を倒し、狡猾な罠を打ち砕く!それが大勇者!

収録セット

参考