大卍罪(だいばんざい) ド・ラガンザーク 卍》

大卍罪 ド・ラガンザーク 卍 MAS 闇文明 (10)
オレガ・オーラ:マスター・ドルスザク/マフィ・ギャング/デリートロン +0000
罪・無月の大罪(自分の墓地にあるオーラ1枚につき、このオーラのコストを1少なくしてもよい。そうしたら、このターンの終わりに、自分のクリーチャーを1体破壊する。ただし、コストは0以下にならない)
これをクリーチャーに付けた時、またはこれを付けたクリーチャーが攻撃する時、コスト8以下のオーラを2枚まで自分の墓地から選び、そのクリーチャーに付ける。
これをバトルゾーンから自分の墓地に置く時、かわりに山札の一番下に置く。
相手のターンの終わりに、これを自分の墓地から山札の一番上に置いてもよい。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

DMRP-10で登場した闇のマスター・ドルスザク/マフィ・ギャング/デリートロンオレガ・オーラ

無月の大罪の上位能力にもなりうる専用効果、罪・無月の大罪を持ち、状況次第で無月の大罪よりも軽いコストで出すことが可能。
しかし墓地にオーラがない場合は無月の大罪の下位互換どころか、無意味になる点が異なる。
墓地にあるオーラの数だけコストが軽くなるので、コストが軽くなる代わりにオーラをも犠牲にする無月の大罪との連携が肝となる。

特筆すべきなのはクリーチャーへの付加時、またはその付加クリーチャーが攻撃する時に墓地から2枚のオーラを、付加クリーチャーに付けられる能力。
無月の大罪で墓地に送られたオーラを再利用でき、オーラの付加時の効果をまた使うことができる。
もちろんコスト範囲はあるものの、8以下と広いうえに文明を選ばない。現時点ではほとんど全てのオーラを持ってくることができるので、このカードと相性の良いオーラを投入しておきたい。

コストがオーラの中でも最重量であることや、目玉能力の罪・無月の大罪やオーラの踏み倒しが墓地のオーラに依存している所に気を付けたい。
このオーラ自体のパワーが0ということもあって、付けるオーラによってはパワーが伸び悩む事もある。

また、無月の大罪と同様、自壊してしまうデメリットも存在し、仮に破壊されるとこのカード‶だけ‶が山札の一番下に置かれてしまい、再利用が困難になる。
オーラの宿命としてカード指定除去にも弱く、なるべくセイバー等で守りながら使っていきたい。

このカードが墓地にあると、相手のターンの終わりに山札の一番上に戻れる自動復帰能力があり、序盤の墓地肥やしによって誤って墓地に送られたり、肝心な時に手札にないといった事が起こりづらいのも優秀。
これまでと同じく、積極的に墓地を肥やして使っていきたいところだが、このカードがバトルゾーンから離れた後のリカバリーが行える手段も揃えておきたい。

メリットデメリット双方を併せ持ち、いかにこのカードを使いこなすかを要求する、ある意味文明らしいカード。

同じオレガ・オーラマスターカードである《ア・ストラ・ゼーレ》とは重ね掛けを意識している所は共通するものの、付けた時と付けた後による効果が異なるため、ある意味、対極の位置と言っていい。

  • サポートとしては《ΔΔΣ シグマティス》と相性が良い。アタックトリガーを疑似マッハファイターでサポートしつつ、不足しがちなパワーも補える。
  • 名前の由来は「大卍罪→大万歳」と「ドラゴン+贋作(がんさく)」。ドラゴンの種族は持たないがゼーロなどからは闇文明のドラゴン相応の扱いを受けており姿もよりドラゴンに近くなった。
  • 不死の炎がオーラに形を変えた設定の為か、アニメのライドオン時も他のオレガ・オーラとは異なり、ライドオン先を一方的に乗っ取り取り込もうとする、他カードの効果で破壊から場に留まる場合は付加しているオーラを排出する等他のオレガ・オーラとは違う異質な存在感を表している。
  • 盛りだくさんの効果もあってカードテキストが非常に長い。4つ目の能力テキストは枠をはみ出て、パワー表記の横に記載されている。
  • 背景ストーリーではガ・リュザーク状態の不死の炎がオレガオーラの力を取り込み進化した新たな姿。アニメではその強大な力故に最初はゼーロ達でも制御できない暴走寸前の状態であったが《The ジョラゴン・ガンマスター》のドラゴンデータを取り込むことで完成した。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.自分の墓地にオーラがない時に、《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》の罪・無月の大罪を使うことはできますか?
A.はい、できます。その場合コストは少なくなりませんが、ターンの終わりに自分のクリーチャーを1体破壊する必要があります。
引用元

Q.《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》の罪・無月の大罪を使い、コストを軽減してGR召喚しようとしたところ、相手が《「本日のラッキーナンバー!」》で指定していた数字のクリーチャーが、自分の超GRの1番上からめくれて召喚が失敗したのですが、ターンの終わりの破壊はどうなりますか?
A.ターンの終わりの破壊は有効ですので、破壊できるクリーチャーがある場合は効果を使用できます。
引用元

Q.《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》《ΔΔΣ シグマティス》が付いたクリーチャーが破壊されると、《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》の山札の一番下に置く効果は使えますか?
A.《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》は置換効果で墓地に置かれる時に山札の下にいき、《ΔΔΣ シグマティス》および他に付いていたオーラがあればそれらはマナゾーンに移動します。
引用元