調和と繁栄の罠(エターナル・トラップ)

調和と繁栄の罠 VR 光/自然文明 (5)
呪文
S・トリガー
文明を1つ選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、自分はその文明を持つクリーチャーに攻撃されない。

DM-11で登場した/自然エターナルトラップ呪文

1ターンの間、指定した文明クリーチャーが自分を攻撃できないようにする。

次の自分のターンのはじめまで効力を発揮するので、手打ちした場合でも、指定した文明に限り、確実に相手のクリーチャーから自分への攻撃を凌ぐことができる。


ルール

  • 文明を持たない、無色のクリーチャーを止めることはできない。

裁定について

  • 当初(時期不明)は注釈文の「(この呪文を唱えた後にバトルゾーンに出たクリーチャーも含まれる)」より、相手プレイヤーを対象とする継続的効果だった。
    なおDM-11でのテキストは以下のものであった。
    文明をひとつ選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、その文明のクリーチャーは自分を攻撃することができない。(この呪文を唱えた後にバトルゾーンに出たクリーチャーも含まれる)
  • 2016/10/30正式回答では、唱えた時点でのクリーチャーおよび唱えた後にバトルゾーンに出たクリーチャーを対象とする継続的効果となった。これにより「バトルゾーンに出る以外の方法(龍解禁断解放退化など)で効果を免れたクリーチャーは攻撃できる」ものになった。
+  クリーチャーを対象としていた裁定時点のWiki上の記述
  • よくある質問 2019.6.21では再びプレイヤーを対象とする継続的効果に戻った。
    また、再録でのテキスト変更により、相手プレイヤーや相手クリーチャーにかかる効果だったものが自分プレイヤーにかかる継続的効果になった。

環境において

登場当時は、防御専用呪文としては既にタップキルが行える《ホーリー・スパーク》が当時から存在していたため、効果が派手で、有用なカードが揃うエターナル呪文の中では最も地味な存在であった。

ところが、ドラゴン・サーガに入って以降転機が訪れる。この呪文を唱えた後に龍解したドラグハート・クリーチャーにも効果がある点が注目され、《熱血星龍 ガイギンガ》メタカードとして注目される。

その後、DMRP-01では強烈な無色プッシュが行われる。ジョーカーズの登場である。デッキ40枚全てを無色で構築する事が容易になった結果、相対的に弱体化してしまった感は強い。前述の通り文明を持たない無色カード(ジョーカーズ)は指定できないので、非常に相手を選ぶカードとなってしまった。

裁定変更後は、唱えてから封印がとかれたクリーチャーにも影響が及ぶことから、【ドルマゲドンX】への対抗策にもなった。

その他

サイクル

DM-11エターナル呪文サイクル

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《ナ・チュラルゴ・デンジャー》の能力に「名前に《トラップ》とある呪文を唱えた時」とありますが、ルビにトラップを含む《調和と繁栄の罠》を唱えた時はどうなりますか?
A. ルビでも《トラップ》とある呪文を唱えているので、クリーチャー側の能力は発動します。
引用元

Q.《調和と繁栄の罠》の攻撃されない効果は、呪文を唱えた後に出たクリーチャーにも適用されますか?
A.はい。プレイヤーにかかる効果なので、後から出たクリーチャーが指定された文明を持てば攻撃されません。
引用元