超音速(ちょうおんそく) ターボ3(スリー)

超音速 ターボ3 SR 火文明 (5)
進化クリーチャー:ソニック・コマンド/侵略者 7000
進化−自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
侵略−火のコマンド
W・ブレイカー
このクリーチャーの攻撃の終わりに、自分の手札をすべて捨ててもよい。そうしたら、カードを3枚引く。

DMR-17で登場した進化ソニック・コマンド/侵略者
コマンドを対象とした侵略を持ち、攻撃後に手札をすべて捨てることで3枚引く能力を持つ。

スペック《戦慄の取引 ビッグ・パルサー》を連想させ、進化クリーチャーになりパワーと打点、ドロー枚数が増え、能力トリガーするタイミングが攻撃後となった。

手札を全て捨てる必要はあるものの、3枚ものカードが引けるのでむしろ得をすることが多い。【速攻】中速はただでさえ手札が切れやすいので噛み合った性能と言えるだろう。

攻撃後に能力が発動するため、S・トリガーなどによってこのカードが除去されてしまった場合は効果を発動することはできない。しかし、このカードを投入するような【速攻】気味のビートダウンの場合、S・トリガーによる除去は後続のアタッカーに対して使いたいような状況となっていることが多いので、効果の発動に失敗することは比較的少ない。

侵略によるコスト踏み倒しも可能なので、《轟速 ザ・レッド》《勝利のガイアール・カイザー》などのスピードアタッカーと組み合わせて使うといいだろう。

【レッドゾーン】では連続侵略の最後の一手としても適任。特に《熱き侵略 レッドゾーンZ》からこのクリーチャーに侵略することでシールド焼却しつつ消耗した手札を取り戻し、おまけに《禁断〜封印されしX〜》封印を一気に外せるという膨大なアドバンテージを稼ぐことが出来る。


環境において

初期型の【レッドゾーン】では侵略先の少なさや手札補充という魅力からほぼ確実に採用されていたが、徐々に侵略先が充実すると、パワー7000が殴り返しやブロッカーに比較的弱いという点、殴り切るには打点が足りない点、そして能力で引いた3枚と次のターンのドロー1枚だけで次の侵略元と侵略先が都合良く揃うとは限らない点が目立った。そのため、革命ファイナル環境以降では優先順位は《轟く侵略 レッドゾーン》《熱き侵略 レッドゾーンZ》よりも下がっていった。後述するように、ルール上の理由でも採用率が下がった。
「デュエル・マスターズ グランプリ-5th」で準優勝を飾った赤緑レッドゾーンでもこのカードの枚数は2枚に抑えられており、この時期になると【レッドゾーン】でも採用は2枚がデフォルトであるということが明らかと言える。

  • かつてのルールでは《レッドゾーン》を挟みながら最後の侵略を《ターボ3》にすると《テック団の波壊Go!》カードバウンスを選択された場合、《ターボ3》と封印がついでのように吹っ飛び、真ん中の《レッドゾーン》が状況起因処理で墓地に行ってしまい、かつ望まぬ禁断解放を招いてしまう。採用率を下げて言った理由として、ルール上も恵まれていなかったというのもある。
    • 2017/10/06付のデュエル・マスターズ総合ゲームルール変更において進化元のカードは特性が完全に無視されることが定義されたため、進化元はコスト0として扱われることになり、ルールが変更されてもどの道《ターボ3》ごと吹っ飛んでしまうことには変わりがない。

《“轟轟轟”ブランド》が登場すると、手札補充を行うこちらとマスターG・G・Gで早出しできるあちらとがアンチシナジーであることから、全抜きされるケースも稀ではなくなった。

ただ、《蒼き団長 ドギラゴン剣》などが殿堂入りした2019年3月1日の殿堂レギュレーション改訂直後に増加した【レッドゾーン】は、速度が近い上により汎用性の高い他のデッキとは禁断解放で差別化する必要があり、速度を追求すると他のデッキの劣化になりがちであった。このことから、手札補充により封印外しを促進でき、中速のような動きに貢献できるこのカードの立場が回復した。デッキに3枚投入することがざらになり、手札にあればこれで侵略して手札補充を図ることが優先された。S・トリガー面のあるツインパクトが増え、《デスマッチ・ビートル》《Dの牢閣 メメント守神宮》の組み合わせが環境によく見られる中、他も同じように除去ブロッカーに苦労するという意味で、他の侵略先と比べて除去ブロッカーに弱いという難点が逆の意味で機能しづらくなった。これが、2019年3月1日の殿堂レギュレーション改訂直後になって採用率が回復した要因と言えよう。


その他

  • 《戦慄の取引 ビッグ・パルサー》同様手札が0枚からでも、その0枚を捨てたものとして3枚ドローが可能。ただし1枚でも手札があれば、すべて捨ててからドローしなければいけない。
  • 攻撃の終わりをタイミングにする擬似アタックトリガーは珍しい。おそらくは侵略ターンに通常のアタックトリガーでは効果が使えないことに対する配慮なのだろう。
    どこかブレイク・ボーナスを彷彿とさせるが、あちらと違いクリーチャーを攻撃した時にも発動する。
  • アニメ「VSR」ではバサラがデッキに入れているが、マナゾーンに置かれているのみである。

関連カード

収録セット

参考