超覚醒(ちょうかくせい)ラスト・ストーム XX(ダブルクロス)

超覚醒ラスト・ストーム XX SR 火文明 (40)
サイキック・クリーチャー:アーマード・ドラゴン/フレイム・コマンド/サムライ 35000
ワールド・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、コスト10以下のサイキック・クリーチャーを好きな数、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
バトルゾーンにある自分のクリーチャーを相手が選ぶ時、このクリーチャーを選ぶことはできない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
覚醒前⇒《超時空ストーム G・XX》

DM-39で登場したサイキックアーマード・ドラゴン/フレイム・コマンド/サムライ

《超時空ストーム G・XX》覚醒した姿。

サイキックコストは40、パワーは35000というぶっ飛んだ数値に目が行くクリーチャーで、登場当時は両方とも規格外のサイズだった。しかし、現在では《伝説の禁断 ドキンダムX》《終焉の禁断 ドルマゲドンX》といったさらにぶっ飛んだコストパワーを持ったクリーチャーの存在もあってインパクトが薄れている。
《超時空ストーム G・XX》を出すのには少々手間がかかるだけに、覚醒後のこの姿のスペックは圧倒的。

アンタッチャブルワールド・ブレイカーに、アタックトリガーコスト10以下のサイキック・クリーチャーを好きな数コスト踏み倒しできるという、圧倒的なカードパワーを誇る。出せるのは最大7体だが、覚醒前か覚醒後のサイキックコストは基本的に10以下なので、大抵は全て出しきってしまえる。

能力で出したサイキック・クリーチャー召喚酔いしているが、《勝利のガイアール・カイザー》《時空の戦猫シンカイヤヌス》を使って簡単に打点を増やすことが可能。《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》を出してスピードアタッカーにすることもそう難しくはない。

《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》サイキック・セルを揃えて一気にV覚醒リンクさせることも可能であり、そうなれば巨大なワールド・ブレイカー2体が襲ってくるという地獄絵図となる。超次元ゾーン次第では更にスピードアタッカーが増えるので、出されたらまず負けという認識でいいだろう。

アンタッチャブルなので《斬隠オロチ》のような除去で止めることも出来ない。

欠点は、やはり《超時空ストーム G・XX》を出すのに少々骨が折れることだろう。サイキックコストが合計20にならないようにサイキック・クリーチャーを逐一除去していくとよい。エピソード2以降サイキック・クリーチャーへのメタカードは増えているので、そこまで難しいことではない。
各種ゼニスなどのように、出させないことが一番の対処法と言える。

一見オーバーキルだが実は案外出しやすく、実用的とカードパワーを兼ね備えた強烈なフィニッシャーである。超次元ゾーンにこのカードが見えたら要注意である。

サイクル

DM-39で登場した、覚醒編クリーチャーが新たに覚醒を得た設定のサイクル解除を持つのは《最凶の覚醒者デビル・ディアボロス Z》のみ。

関連カード

収録セット

参考