超機動(ちょうきどう)(トラップ) デンジャデオン/地獄極楽(じごくごくらく)トラップ黙示録(もくしろく)

超機動罠 デンジャデオン MAS 自然文明 (6)
クリーチャー:グランセクト 6000
W・ブレイカー
自分のターンのはじめに、このカードを自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。
罠金乱舞:クリーチャーが攻撃する時、それがこのターン最初の攻撃なら、自分の手札から《トラップ》と名前にある呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。
地獄極楽トラップ黙示録 MAS 自然文明 (8)
呪文
S・トリガー
相手のクリーチャー1体または相手のシールドを1つ選び、持ち主のマナゾーンに置く。

DMEX-03で登場したグランセクトおよび自然呪文ツインパクト

クリーチャー面はターンのはじめに自身のマナゾーンからマナ回収できて、罠金乱舞という固有の能力を持つ。
自分の他のクリーチャーが攻撃しても能力を発動できるのがうれしい。
これはマナゾーンから回収できる能力とシナジーしており、序盤はマナゾーンにこのカードを貯め、終盤はクリーチャー面がバトルゾーンにある時に回収ことで直ぐに呪文面の効果が使える。
これまで重くて使いにくかったトラップ呪文を一気に使いやすくするポテンシャルを持ち、トラップ呪文デッキの発展に期待できる。
また、この能力は相手ターン中にも反応する。相手クリーチャートラップ呪文除去することで、攻撃をキャンセルすることもでき、守りもばっちりというわけである。

呪文面は、《ナチュラル・トラップ》シールドを対象に加えたものであり、シールドを選べば実質シールド焼却となる。
干渉できるのは1枚だけだが、《レッド・ABYTHEN・カイザー》のような選びたくないクリーチャーしかいない場合や的としてクリーチャーを残しておきたい場面で選択肢が増えるのは悪くない。
その分コストが増えて手打ちが難しくなったが、S・トリガーに加えてクリーチャー面の罠金乱舞コスト踏み倒しも行えるので、大きな問題にはならないだろう。

《ナ・チュラルゴ・デンジャー/ナチュラル・トラップ》との組み合わせは強力。
あちらのcipで呼び出し、マッハファイターで即座に攻撃してこちらの罠金乱舞へ繋げる事で、さらなるコスト踏み倒しに繋げられる。
トラップ呪文に関しては両方とも呪文面が該当しているので、最悪両者8枚のみでも機能するというのも利点である。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2018-11-22 (木) 13:41:26